選手名鑑

坂口 翔颯 (報徳学園)

応援メッセージを投稿する!
坂口 翔颯

坂口 翔颯

都道府県:
兵庫
高校:
報徳学園
学年:
2年
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
178cm
体重:
75kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

短評
 今年の兵庫県選抜に選出された右の本格派。報徳学園らしい縦回転を生かした投球フォームで、角度ある速球を武器に次々と三振を奪う投手だ。打撃もよく、いわゆる野球センスが優れたハイレベルな投手だ。また気迫あふれた投球スタイルで、兵庫県大会決勝戦では9奪三振完投勝利。優勝に貢献した。

(投球内容)

 縦回転のフォームから角度のあるストレートでズバッと三振を取る姿は先輩の西垣 雅矢(早稲田大)を彷彿とさせるものがある。

 目測でも常時135キロ~140キロは出ていそうな勢いがある。回転数も高く、非常に見栄えする投手だ。ひざ元にぐっと伸びるストレートが魅力的で、内外角に投げ分けるだけではなく、高めにストレートを投げることもできている。

 さらにカーブ、スライダー、チェンジアップを低めに集め、いやな雰囲気ならば間合いを外せるところも素晴らしく、丁寧なピッチングができている。兵庫県大会のピッチングをしっかりと実践できていれば、近畿大会でもベスト4当たりは狙えた投手だと思う。近畿大会初戦の天理戦で甘く入ったところを痛打された投球を反省し、どう投球のバリエーションを増やしていけるか注目していきたい。

 (投球フォーム)
ワインドアップから始動。左足をゆったりと上げていきながら、右足の膝を適度に曲げてバランスよくたつことができている。左足を二塁方向で送り込んでいきながら、重心を下げていき、お尻から先行するヒップファーストができている。左腕のグラブを高く上げず、なるべく正対した位置からリードしていき、左胸に抱え込む、内回りの旋回からトップを作り、リリースに入る。打者よりでリリースすることができており、体の近くで腕が触れて、さらに肘が立った投球フォームをしているので、実にバランスが良い投球フォームをしている。
将来の可能性
 投球フォームは非常によく、ピッチングもコーナーだけではなく、高め、低めを使って立体的なピッチングができる。天理戦は残念だったが、全国クラスの好投手であることは間違いない。

 今の土台のまま、スケールアップして、さらにピッチングのレベルを引き上げることができれば、強豪大学、プロのスカウトも引き付ける投手になるだろう。

 ぜひ台湾遠征を経験して、大きく化けることを期待したい。
情報提供・文:2019.12.08 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
天理vs報徳学園【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
報徳学園vs藤井学園寒川【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
報徳学園vs英明【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
報徳学園vs高松商【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
明石商vs報徳学園【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
済美vs報徳学園【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
報徳学園vs愛工大名電【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
報徳学園vs聖光学院【第100回全国高等学校野球選手権記念大会】
報徳学園vs市立尼崎【兵庫県 2018年夏の大会 第100回選手権東兵庫大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板