選手名鑑

内田 了介 (埼玉栄)

応援メッセージを投稿する!
内田 了介

内田 了介

都道府県:
埼玉
高校:
埼玉栄
学年:
2021年卒
ポジション:
投手
投打:
右/右
身長:
181cm
体重:
77kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
寸評

 今年の埼玉県でも1,2を争う好投手として注目を浴びていたのが、内田了介(埼玉栄)だ。東浜巨チックなフォームから140キロ後半の速球を投げ込むが、本人に聞いた時、東浜を意識しているという。そんな内田の投球を振り返る。

多くのチームが長期自粛を強いられたように、埼玉栄も例外ではなかった。3月から6月中旬まで自粛期間となり、福岡出身の内田は注書き時代に所属していた久留米東ボーイズで練習をするなど調整を続けてきた。

 ただ本格的な練習も少なく、実戦登板も少ないため、調子も上がっていなかった。そのため7月11日の聖望学園戦を振り返ると、3回まで4失点。130キロ~135キロ程度とボール自体は走っていなかった。部活動を再開してから2週間のため、5割程度でとどめていたようだ。つまり無理して、強度を上げると、怪我をしてしまう恐れがあるため、あえて強度を押さえていたようだ。埼玉大会の投球を振り返ると、内田の調整術は正しいことを証明した。

 埼玉独自大会では最速146キロのストレートをマークし、18回を投げて19奪三振、防御率2.50と好投を見せた。

 そして練習会では昨年よりも進化した様子が見られた。常時140キロ~145キロ程度だが、真上から振り下ろす球筋の良いストレートは角度があり、他の投手にはない武器があった。

 好調時は140キロ後半も計測できるように、さらに出力を高めて、150キロ以上を出すことができれば、空振り率も高めることができる。

 ただ気になったのは120キロ前半のスライダーの精度が絶対的なものではなく、抜けたボールも多く、直球に頼る形となっていること。

 ストレートやバランスの良い投球フォームは例年のドラフトでは十分、指名に値するものはあるが、変化球の精度など総合力で課題でそこをプロのスカウトがどう判断するかだろう。

 素材としては抜群なので、高卒3年目では150キロ前半の速球を投げ込む本格派に成長する可能性を持っている。いずれにしても育てがいのある逸材であることは間違いない。




情報提供・文:2020.09.24 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
埼玉栄vs大宮【埼玉県 2020年夏季埼玉県高等学校野球大会】
聖望学園vs埼玉栄【2020年 練習試合(交流試合)・夏】
浦和学院vs埼玉栄【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
埼玉栄vs市立川越【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県大会】
埼玉栄vs武南【埼玉県 2019年秋の大会 埼玉県地区予選】
大宮東vs埼玉栄【埼玉県 2019年夏の大会 第101回選手権埼玉大会】
春日部共栄vs埼玉栄【埼玉県 2019年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会】
埼玉栄vs熊谷商【埼玉県 2019年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会】
埼玉栄vs細田学園【埼玉県 2018年夏の大会 第100回選手権南埼玉大会】
山村学園vs埼玉栄【埼玉県 2018年春季大会 埼玉県春季高等学校野球大会】

コメントを投稿する

埼玉県地域応援スポンサー

埼玉県の地域スポンサー様を募集しております。

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板