選手名鑑

長岡 秀樹 (八千代松陰)

応援メッセージを投稿する!
長岡 秀樹

長岡 秀樹

都道府県:
千葉
高校:
八千代松陰
学年:
2年
ポジション:
遊撃手
投打:
右/左
身長:
175cm
体重:
68kg
印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   

下記写真をクリックすると拡大写真がご覧になれます。

短評
 まだ知名度は低いが、センス、思考力が抜群。練習取材したとき、先輩に対しても物怖じしない性格で、飄々と自分を表現する選手で、面白い選手だと思っていた。少しずつ線は太くなり、プレー面でもレベルアップを見せており、楽しみな選手だ。

試合レポートから抜粋
 また八千代松陰のショート・長岡 秀樹の動きにも目を惹いた。長岡の守備位置は深く、芝生部分を守っている。なぜあの付近を守っているのかを聞いてみると、「誰にも影響をされたわけではないのですが、自分が捕球しやすいバウンドを模索した結果、深めに守った方が捕りやすいので、この位置になりました」と説明してくれた。

 深い位置を守るショートといえば、小園 海斗(報徳学園)を思い浮かぶが、もちろん小園の守備を参考にしている。
「動画で小園さんのバウンドの合わせ方、足の動きなどは本当に参考にしていています」

 吸収したものを自分の守備に落とし込むために、長岡は部員にボールに転がしてもらい、素手で捕球する練習を行い、自分が良いと思った感覚で捕球できたあとに実際にノックを受ける。まだ合わないと思ったら、再び素手でボールを転がしてもらい、またノックを受ける。その繰り返しで、守備を磨いてきた。

 実際にこの試合でも好守備を連発。三遊間のゴロに対しては軽快にさばいて、ダイレクトスローでアウトにする姿は実に軽快。緩いゴロに対しては猛然と突っ込んでアウトにしていたし、三遊間の複雑なバウンドに対しても逆シングルで追いついて、そのままランニングスローでアウトにするなど、リズム感が良い。
  「今日はよく守れた」と手応えを感じていた。また打撃も去年よりもパワーアップ。175センチ68キロと体重は10キロアップ。現在は高校通算7本塁打だが、弧を描いたスイング軌道は鋭く、角度が付けば本塁打量産も期待できるものはあった。長岡は「安打だけではなく、長打を打てるようになりたい。意識しすぎてミスショットはありますが、そこはこだわっていきたい」と打者として殻を破ろうとしている。体ができたことで、軽く投げていても送球は力強くなっている。2019年度の千葉県を代表するショートストップへ成長を果たすことができるか注目だ。
情報提供・文:2019.01.02 河嶋 宗一
選手名鑑トップへ戻る
【関連記事】
八千代松陰vs我孫子東【千葉県 2018年秋の大会 千葉県大会 一次予選】
習志野vs八千代松陰【千葉県 2018年春の大会 千葉県大会】
習志野vs八千代松陰【千葉県 2017年秋の大会 千葉県大会】
八千代松陰vs千葉工【千葉県 2017年秋の大会 千葉県大会】

コメントを投稿する

未掲載選手掲示板未掲載選手掲示板