伸び盛りの138キロ右腕・武内涼太(久留米東ボーイズ) 成長と理想の投手像に迫る!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.05.24

武内涼太(久留米東ボーイズ)

■高校野球ドットコム 独占インタビュー New!
伸び盛りの138キロ右腕・武内涼太(久留米東ボーイズ) 目指すは奥川投手のような完成度の高い投手

 福岡県内のボーイズリーグで、好投手として名前が上がるのが久留米東ボーイズの右腕・武内涼太投手だ。身長182センチ、体重69キロの体をしなやかに使いこなし、角度のある腕の振りから最速138キロの直球を投げ込む。

 祖父は南海ホークスなどでプレーした長尾辰雄さんであるなど、血筋の良さも併せ持つ武内投手だが、ここまでどんな成長を辿ってきたのか。
 ここまでの中学野球での成長や高校野球での目標を伺った。

(続きを読む)

【目次】
[1]メンコトレーニングで制球力が向上
[2]奥川投手のような完成度の高い投手に


関連記事
中学通算本塁打20本以上の長距離砲 小野勝利(狭山西武ボーイズ)が狙うは高卒プロ入り
名門・中本牧シニアに現れた180センチ超えの強肩強打の遊撃手・小川大地の武器は「向上心の強さ」
最速138キロのみちのくの剛腕 近藤悠人(宮城仙北ボーイズ)の持ち味は「強気に攻めるピッチング」

【関連記事】
ベテラン監督による手厚いサポートが魅力の久留米東ボーイズ。その指導内容に迫る! 【ニュース - コラム】
第38回 ベテラン監督による手厚いサポートが魅力の久留米東ボーイズ。選手の希望を叶える指導へシフトチェンジ【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第1171回 九州に現れた最速138キロの本格派右腕・武内涼太(久留米東ボーイズ)伸びしろは無限大 【2020年インタビュー】

コメントを投稿する

前の記事:
【宮城県秋季大会】利府が東北学院に逆転勝ち!1回戦試合レポート
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る