今宮、村田…二刀流から野手1本でプロの世界へ進んだ選手たち

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.09.06

今や二刀流の代表格になった根尾昴(大阪桐蔭)

 大谷 翔平(エンゼルス)の出現で広く知れ渡るようになった感のある「二刀流」。だが、メジャーリーグ、そしてプロ野球の世界で大谷以外に結果を残している選手はいない。
 しかし、高校野球の世界で「二刀流」は一般的とは言わないが、珍しくない。

今夏には根尾や野村が二刀流で活躍

 第100回全国高校野球選手権大会(以外、夏の甲子園)でも春夏連覇を果たした大阪桐蔭根尾 昂(3年)や花咲徳栄野村 佑希(3年)らが投打でチームを引っ張っていった。

 だがここから先は投打一本に絞り、その先を目指して行くことになる。根尾は遊撃手1本で行くことをすでに表明。ドラフト上位候補として注目を浴びている。また、野村は明言こそしていないが、野手としてプロを目指すことが濃厚だ。
 両選手ともに高校レベルまでは投手として通用しても、そこから先は通用しないという判断があるのだろう。過去にも高校時代は二刀流として活躍しながら、野手に絞って先へと進んでいた選手は多い。

154キロ右腕が日本一の遊撃手へ

 ソフトバンクの遊撃手として活躍する今宮 健太もそうだ。明豊高時代は夏の甲子園でもマウンドに登り、154キロのストレートを投げ込んだことはおぼえているファンもいいうだろう。しかし、ドラフトで指名したソフトバンクは今宮を野手として高い評価をしており、川﨑宗則の後釜としてキッチリと育て上げた。

 その他にも神戸国際大附高でエースだった坂口智隆(ヤクルト)もプロ入り後は外野手に転向している。二松学舎大附鈴木 誠也広島)もプロ入り後に内野手そして外野手へコンバートされ、現在はリーグを代表する右翼手となった。

 高校からプロではなく、大学進学を選んだ選手ではBC・栃木でプレーする村田 修一がそうだ。東福岡高時代はエースそして3番打者としてチームを引っ張ったが、日大進学時に「投手では(松坂)大輔に勝てない」といったコメントをして野手へと転向。大学で結果を残し、プロ入り後は2度の本塁打王に輝くなどの実績を残している。

 このように彼らは高校時に投手・野手として結果を残しながら、片方に絞ることで球界を代表する選手に育った。もちろん、大谷のように両方をハイレベルでこなすことができればそれがいい。しかし、現実的にはまだまだそのハードルは高い。

 根尾や野村は投手を封印し野手として次のステージに進むと見られるが、そこで華を咲かせることができるだろうか。その活躍に期待したい。

記事・勝田 聡

【関連記事】
組み合わせが決定!春の大分を制するのはどこだ!?【春季大分県大会 組み合わせ結果】 【ニュース - 高校野球関連】
小松市の招待試合に大阪桐蔭と龍谷大平安が登場! 【ニュース - 高校野球関連】
第908回 「完膚なきまでの敗北」から見せた異国の地での成長 秋山恭平(筑後サザンホークス) 【ネクスト球児インタビュー2019年】
第898回 徳島の城島健司を目指して!チームを勝たせられる捕手を目指す!川端晃希 vol.3 【2019年インタビュー】
第896回 ハイレベルの環境が磨き上げた技術!川端晃希が大阪桐蔭で吸収した捕手理論 vol.2 【2019年インタビュー】
第896回 大阪桐蔭から徳島へ!期待の大型ルーキー・川端晃希が痛感した超名門の厳しさ vol.1 【2019年インタビュー】
第890回 「思考力×身体能力」でポテンシャルは青天井 マハチ・棚橋一生(篠栗ボーイズ) 【2019年インタビュー】
第555回 センバツ注目度NO.1!全国制覇へ向けての3つの課題 星稜(石川)【後編】【野球部訪問】
第840回 広陵の3本柱、履正社の清水大成に注目!選抜出場校逸材ガイドブック【西日本投手編】【大会展望・総括コラム】
第835回 激戦の近畿地区の選考!ベスト8敗退チームはどこが出ても楽しめる!【大会展望・総括コラム】
第7回 日章学園高校(宮崎県)「3333段の階段ダッシュもこなし、狙うは全国上位!」【冬が僕らを強くする2019】
第829回 リードする星稜を追うのは?平成最後の選抜、新元号最初の夏に期待の注目校【2019年展望】【大会展望・総括コラム】
智辯和歌山vs大阪桐蔭【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs橿原【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs関大北陽【大阪府 2018年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
大阪桐蔭vs済美【2018年  福井しあわせ元気国体2018】
大阪桐蔭vs下関国際【2018年  福井しあわせ元気国体2018】
今宮 健太(明豊) 【選手名鑑】
鈴木 誠也(都立東) 【選手名鑑】
鈴木 誠也(二松学舎大附) 【選手名鑑】
根尾 昂(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
野村 佑希(花咲徳栄) 【選手名鑑】
村田 修一(東福岡) 【選手名鑑】
大阪桐蔭 【高校別データ】
神戸国際大附 【高校別データ】
二松学舎大附 【高校別データ】
花咲徳栄 【高校別データ】
東福岡 【高校別データ】
明豊 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
野球部が参加したダンス同好会イベント、高野連の最終判断は?
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る