ドラフト候補・高部瑛斗(東海大甲府-国士舘大)は戦国東都で安打を量産!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.06.21

 昨秋の神宮王者・立正大や東洋大、國學院大など強豪チームがひしめき、1部はもちろん2部でもレベルの高い野球が繰り広げられる。それが「戦国東都」だ。

 そんなリーグの2部で安打を量産している選手がいる。国士舘大の左打ちの巧打者・高部 瑛斗だ。

 高部は高校時代、山梨の強豪である東海大甲府に在籍。高校3年時には甲子園出場を果たしておりチームの切り込み隊長として活躍した。



ドラフト候補・高部瑛斗(東海大甲府-国士舘大)

 国士舘大進学後は安打量産体制に入る。1年秋には22本、2年秋に18本など安打を重ねていき、3年秋までに99安打を記録。2019年春のリーグ戦で100安打を達成した。

 4月25日に行われた専修大戦では2部リーグ通算最多安打とされる109安打の記録を更新し存在感を示した。

 プロ入りを狙う高部。たとえ2部だとしても戦国東都で積み上げた安打の数は大きな武器となる。残す秋でどれだけ記録を伸ばせるか。今後も高部に注目していきたい。

【関連記事】
高橋周平、村中恭兵、渡辺諒…現役東海大甲府OBは全員「ドラ1」 【ニュース - 高校野球関連】
待ってろ野村、増田!濱将乃介(東海大甲府)が高知ファイティングドッグスに特別合格! 【ニュース - その他】
第10回 濱野 雅慎投手 (JR九州) 「調子が悪い時のセルフコントロール」【社会人野球から学ぼう】
高部 瑛斗(東海大甲府) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

前の記事:
第101回大阪大会組み合わせが決定!選抜出場の履正社や大阪桐蔭などの初戦は?
次の記事:
戦国千葉はどのブロックも熱い!習志野や木更津総合らが集うトーナメント右側の見所【後編】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る