• トップ
  • ニュース
  • その他
  • 全日本大学野球選手権、甲子園を沸かせたプロ注目の好投手が秋へのリベンジを誓う!

全日本大学野球選手権、甲子園を沸かせたプロ注目の好投手が秋へのリベンジを誓う!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.06.12

宮崎産業経営大のエース・杉尾剛史投手(4年・宮崎日大)

 第68回全日本大学野球選手権(大学選手権)3日目。神宮球場東京ドームで合わせて2回戦7試合が行われました。


 東京ドームの第3試合では前回大会ベスト8の宮崎産業経営大学が東海大学と対戦。延長タイブレークまでもつれる熱戦。延長11回裏に東海大学が1アウト2,3塁から5番・藤井 健平選手(4年・大阪桐蔭)が左中間を破るタイムリーを放ちサヨナラ勝ち。準々決勝進出を決めました。

 打たれた瞬間、ガックリと肩を落としたのが宮崎産業経営大学のエース・杉尾 剛史投手(4年・宮崎日大)。高校時代には夏の甲子園に出場し、今年はプロも注目する好投手です。



左:宮崎日大時代の杉尾剛史(宮崎産業経営大) / 右:大阪桐蔭時代の藤井健平(東海大学)

 「前の回まで初球を打たれてなかったので、ちょっとした気の緩みが出てしまった」と試合後に話した杉尾投手。2日連続の先発で、最後は延長タイブレークのキツイ展開でしたが、素晴らしいメンタルは見せました。

 「日本一だけを見て練習してきた。この悔しさは秋にぶつけるしかない。点を取られない投手になって、秋に(神宮に)戻ってきたい」と話し、ドームを後にした杉尾投手。秋の神宮大会でもう一度、ピッチングを見たい投手です。

 大会4日目の13日は神宮球場で準々決勝4試合が行われる予定です。


【関連記事】
大学日本代表、本メンバー24名が決定!高校代表、経験者も多数選出! 【ニュース - その他】
日章学園や小林西、日南学園など今年も宮崎は粒ぞろい!宮崎大会展望を紹介! 【ニュース - コラム】
第929回 春夏連続を狙う日章学園に夏に仕上げる日南学園!小林西の好投手・鶴田にも注目!【大会展望・総括コラム】
第47回 2018大学野球の「旋風児」広島大前主将 「因縁の」小松で高校野球コーチ奮闘中【四国発】
第92回 日南学園と13年夏準優勝の延岡学園が競い、聖心ウルスラなども【47都道府県 高校野球勢力図の変化】
聖心ウルスラvs宮崎日大【宮崎県 2017年夏の大会 第99回選手権宮崎大会】
宮崎日大vs宮崎学園【宮崎県 2017年夏の大会 第99回選手権宮崎大会】
宮崎日大vs宮崎第一【宮崎県 2017年夏の大会 第99回選手権宮崎大会】
第525回 宮崎県展望「剛腕投手輩出県こと宮崎。今年も藤谷、森、木幡などプロ注目がズラリ!!」【大会展望・総括コラム】
都城東vs宮崎日大【宮崎県 2017年春の大会 第64回宮崎県高等学校野球選手権大会】
日大三vs宮崎日大【2017年 練習試合(交流試合)・春】
第426回 宮崎日大高等学校(宮崎)「支え」「責任」「覚悟」そして「底力」【後編】【野球部訪問】
第304回 横浜DeNAベイスターズ・下園 辰哉 外野手「来るチャンスを逃さないためには」 【2015年インタビュー】
第123回 宮崎日本大学高等学校 甲斐 翼 投手 【2013年インタビュー】
杉尾 剛史(宮崎日大) 【選手名鑑】
藤井 健平(大阪桐蔭) 【選手名鑑】
宮崎日大 【高校別データ】

コメントを投稿する

最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る