股関節のつまりを改善したい!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.04.12

腸腰筋のトレーニングを行った後にストレッチを組み合わせるとつまり感解消につながりやすい

 ウォームアップでは体の動きを確認しながら、より良いパフォーマンスができるように体を温めるようにしますが、そのときに股関節の「つまり」を感じる選手も少なくありません。膝を抱えるようにして股関節を屈曲させていくと、「何となくつまった感じがして動きが悪い」という場合はトレーニングとストレッチを組み合わせてみると、つまり感が改善する場合があります。その方法を確認してみましょう。

 股関節のつまり感は太ももの付け根部分にある腸腰筋(ちょうようきん)の動きがスムーズに働いていないことでも起こります。そこで腸腰筋のトレーニングによって筋肉を収縮させ、伸び縮みを繰り返すようにします。具体的には腿上げ動作や、足の前後のスイング動作などを行い、太もも前面部を大きく動かすようにトレーニングを行います。パートナーがいる場合は寝転がった状態での腿上げのときに、軽く抵抗をかけてもらうようにするとさらに効果的です。

 トレーニングで筋収縮を繰り返した筋肉は何もしていない状態に比べて、伸張しやすい特性があります。これを利用してトレーニングの後に、腸腰筋をしっかりと伸ばすようにストレッチを行います。太ももの前面部を伸ばすようなストレッチを行いますが、特に片膝立ちになって股関節の前側に伸張ストレスをかけて伸ばすようにするとより筋肉が伸びるようになります。こうしてトレーニングとストレッチを組み合わせたコンディショニングを行った後に再度、股関節の屈曲をしてみると、つまり感が改善されやすくなります。

 試合前のウォームアップなどで股関節の「つまり」を感じたときには、この方法を思い出して見てくださいね。

文:西村 典子
球児必見の「セルフコンディショニングのススメ」も好評連載中!

【関連記事】
捻挫を軽く考えない!大きなケガになっている場合も 【ニュース - その他】
プロテインをとる前に確認したいこと 【ニュース - その他】
第219回 試合のパフォーマンスを支える補食【セルフコンディショニングのススメ】
第218回 投手必見!練習や試合後に意識したいクールダウン【セルフコンディショニングのススメ】
第217回 スイング動作と手首のケガ【セルフコンディショニングのススメ】
第880回 「休んだら終わり」からのモデルチェンジ 田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【後編】 【2018年インタビュー】
第881回 「焦ったり力んでいるときこそ怪我をする」田中俊太選手(読売ジャイアンツ)【前編】 【2018年インタビュー】
第216回 遠征や合宿時のセルフコンディショニング【セルフコンディショニングのススメ】
第215回 ドーピングの基礎知識を学ぼう【セルフコンディショニングのススメ】
第225回 中日ドラゴンズ 和田 一浩選手 【2014年インタビュー】

コメントを投稿する

前の記事:
【春季新潟県大会】新潟2位の新潟県央工、準決勝のもようを徹底レポート!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る