肩関節は球関節といって肩甲骨の土台に対し、そのくぼみの中におさまるように上腕骨が位置しています。これによって上腕骨はいろんな方向に動かすことができるのですが、複雑な動作が可能になればなるほど大きな外力や繰り返される物理的ストレス(牽引など)によって、上腕骨が本来ある位置からズレてしまうことがあります。土台から上腕骨が外れてしまった場合を肩関節脱臼、土台に一部残っているもののその位置がズレた場合を肩関節亜脱臼といいます。

 肩関節の大半は後方からの外力などによって上腕骨頭が前方にズレてしまう前方脱臼、前方亜脱臼です。リードをとったランナーが牽制で帰塁するときなど、手からベースに戻ろうとして野手が後方から強くタッチする際に肩を傷めることがあります。またヘッドスライディングなども肩関節が脱臼しやすい腕の位置になるため、極力避けることが不可欠です。

 肩関節亜脱臼の場合はホンの一瞬、肩が外れたような感覚があるものの自然と元の位置に戻っていたり、肩を動かしているうちに自分で正しい位置に戻してしまったといったことも起こります。脱臼よりも軽く考えがちですが、関節の内部では腱板(けんばん:いわゆるインナーマッスル)や関節唇と呼ばれる土台を支える部分、肩関節付近にある腱などが傷んでいる可能性が高く、そのままプレーをしているとやがて反復性の肩関節脱臼へと移行してしまうので注意が必要です。亜脱臼を繰り返す場合は手術によって関節内の損傷部位を修復することが必要となってきます。

 多少痛みがあるもののプレーできるからといってそのままにせず、一度スポーツドクターなど専門医の診察を受けるようにしましょう。

文:西村 典子
球児必見の「セルフコンディショニングのススメ」も好評連載中!