本日締め切り!プロ志望届数、過去10年で最多!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.10.11

 今夏の甲子園準優勝投手・金足農吉田 輝星投手が10日にプロ志望を表明しました。同時に、日本高等学校野球連盟のHPでもプロ志望届提出者として公示されています。

 今年のNPBドラフト対象のプロ志望届は今日11日に締め切られますが、10日時点で高校生は123名がプロ志望届を提出しました。

 日本高等学校野球連盟のHPを毎年調べていくと、ここ10年で最多の人数を、1日残して更新していることになります。

過去10年のプロ志望届NPBドラフト対象者の数
※2018年は10日現在の数字

 もちろん、NPB以外に、日本の独立リーグのトライアウトなどのためにプロ志望届を提出した選手もいると思いますが、今年の多さは際立ってますね。さて、11日に締め切られ、計何名となるでしょうか??

文:松倉 雄太

【関連記事】
豊作の予感がする1年生野手たち!彼らの現在地をチェック! 【ニュース - コラム】
第191回 02年世代は野手豊作世代だ!プロ入りした先輩たちを凌駕する可能性を持ったスラッガーとショートストップたち【前編】【ドラフト特集】
宜保翔(KBC学園未来高校沖縄)がオリックス・バファローズと仮契約 【ニュース - その他】
第190回 ドラフト候補一覧を更新!佐々木朗希と奥川恭伸が特Aな理由【ドラフト特集】
第189回 2018年高校生でドラフト指名から惜しくも漏れた選手たち【ドラフト特集】
第188回 2019年度ドラフトガイドブック野手編「石川、黒川など甲子園組が世代をけん引する!」【ドラフト特集】
第187回 2019年ドラフトガイドブック(投手編) 特A、Aクラス投手がひしめく豊作年!【ドラフト特集】
第609回 池田 陽佑(智辯和歌山)「新戦力登場!目指すは2年夏までに145キロ」 【2017年インタビュー】
第607回 根尾昂(大阪桐蔭)「近畿では二刀流として大暴れ!初舞台の神宮でも強烈な印象を残す」 【2017年インタビュー】
第607回 川畑大地(乙訓)「チームの精神的支柱。初の近畿大会4強で得たもの」 【2017年インタビュー】
第605回 安田尚憲(履正社)のホームラン論「正解論はない。ただ強く振ることは大前提」【後編】 【2017年インタビュー】
第604回 西巻 賢二(仙台育英)「宮城での6年間は最高だった。憧れるような選手になりたい」 【2017年インタビュー】

コメントを投稿する

前の記事:
栄養バランスを整える汁物活用術!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る