谷 公希(三重)

 2023年、今年も多くのドラマに期待だ。昨年は全国の球児たちが全力を尽くしたプレーで多くの熱いドラマを演じ、高校野球ファンを魅了してきた。球児たちの2022年の頑張りを各都道府県ごとに振り返ってみたい。

 昨年春、三重代表の2チームが東海大会で4強に入る活躍を見せた。県で優勝した津商は岐阜の大垣日大を延長戦の末に破って準決勝へ。県で準優勝だった津田学園は、初戦でタレント軍団の東邦(愛知)に1点差で競り勝った。ともに決勝へは進めなかったが三重県勢の快進撃は記憶に残った。

 個人に目を向けても好選手が活躍した年でもあった。菰野のエース杉浦 陸斗投手(3年)や、「BIG BOSS」として話題をさらった日本ハムの新庄 剛志監督と同じ誕生日と名前の津田学園のスラッガー、神田 剛志内野手(3年)が活躍し、四日市中央工津波 英太郎投手(3年)は初戦の四日市工戦で無安打無得点試合を達成した。

 三重が夏と秋の県を制して今年も中心となりそうだが、強豪がそろう三重の熱い戦いから目は離せない。

▽2022年三重県代表の甲子園成績

★センバツ 出場なし
★夏甲子園
 三重 初戦敗退
  1回戦●2-4 横浜(神奈川)

▽三重県2022年主な大会記録

【春季】
優勝 津商
準優勝 津田学園
3位 菰野
4位 白山
8強 三重
   宇治山田商
   いなべ総合
   皇學館

【選手権】
優勝 三重
準優勝 津商
4強 松阪商
   菰野
8強 四日市南
   海星
   津田学園
   津西

【秋季】
優勝 三重
準優勝 津商
3位 海星
4位 木本
8強 四日市工
   宇治山田商
   白山
   近大高専

【1年生大会】
優勝 津商
準優勝 津田学園
4強 松阪商
   神村学園伊賀

(記事:編集部)