2022年も高校球児の目標、夏の甲子園への道がスタートする。今年は「古豪」と言われるチームの復活が話題のひとつとなっているが、「昭和」の時代、1927年(昭2)13回大会から1988年(昭63)70回大会を駆け抜けた代表校を中心に夏の甲子園出場校を振り返る企画「ふるさとの夏物語~昭和編」。今回は山形を紹介する。

 昭和時代に夏甲子園に出場したチームの出場回数上位ランキングは以下の通り。

1位 日大山形 8回
2位 山形南 5回
2位 山形東 5回
3位 東海大山形 4回

 昭和の時代に山形の歴史にその名を刻んだのは日大山形だった。1973年(昭48)、山形県勢出場延べ14校目、日大山形3回目にしてようやく夏甲子園初勝利をつかんだ。その年のセンバツで山形県勢初の「甲子園勝利」を達成したメンバーが夏でも歴史の1歩目を記した。鹿児島実相手に2対1で勝利。2年生左腕エース熊谷篤彦が1失点完投勝利を挙げた。センバツでも完投していた左腕は、山形のヒーローとなった。

 その後、県勢のライバルもレベルアップしていった。1985年(昭60)に東海大山形PL学園(大阪)に7対29と歴史的大敗を喫する屈辱もあり、昭和の時代には実現できなかったが、2013年(平25)ついに準々決勝の壁を乗り越え、日大山形が4強までたどり着いた。ヤクルト・奥村 展征内野手が「4番遊撃」、阪神・中野 拓夢内野手が「2番二塁」という二遊間コンビが活躍した。

 山形県勢はいまだ決勝に進んだことがなく、勝率も全国都道府県で最下位(.310)に沈んでいるが、脱却は時間の問題だろう。山形の高校野球界をリードしてきた日大山形の功績は大きい。

 山形県勢初出場は山形中。初勝利は日大山形で、最高成績4強も日大山形。県勢通算成績は27勝60敗で、勝利数、勝率.310は47都道府県で最下位。

★山形県勢の代表回数上位ランキング(複数回以上)
1位 日大山形 18回
2位 酒田南 10回
3位 鶴岡東 6回
3位 東海大山形 6回
5位 山形東 5回
5位 山形南 5回

★山形県勢の甲子園勝利数上位ランキング
1位 日大山形 14勝(4強1回、8強1回)
2位 酒田南 4勝
3位 鶴岡東 3勝
3位 東海大山形 3勝 
5位 山形中央 2勝