甲子園を沸かせたチームを振り返るシリーズ。今回は2017年センバツで8強に進出した福岡大大濠の主な選手を振り返る。(学年は当時)

投手 三浦 銀二(3年)=法政大ーDeNA
捕手 古賀 悠斗(3年)=中央大ー西武
内野手 久保田 有哉(3年)=関西大
内野手 東 怜央(3年)=立教大ー日立製作所
内野手 稲本 侑星 (2年)=日本体育大
内野手 斎藤 友哉 (3年)=日本体育大
外野手 平野 孝太朗 (3年)=中央大(準硬式)
外野手 西 隼人 (2年)=関西学院大
外野手 樺嶋 竜太郎 (2年)=法政大
外野手 仲田 慶介(3年)=福岡大ーソフトバンク

 この年のチームはセンバツではベスト8に輝いたものの、惜しくも夏の甲子園には出場できなかった。

 主軸は三浦 銀二古賀 悠斗のバッテリー。ともにU18日本代表に選ばれ、三浦は持ち味のコントロールと直球の力で2試合に登板し2勝を挙げて銅メダルに貢献した。法政大時代には1年時からベンチ入りし、抑えも経験。4年時には「ノーヒットワンラン」を達成し、ドラフト4位でDeNAに入団。古賀は中央大時代には2年時に大学日本代表に選ばれ、4年時には4番で主将とチームを牽引した。打てる捕手として評価されドラフトで西武から3位指名を受けた。

 そして控え選手だった仲田も福岡大へ進学するとプロ注目選手まで成長。4年春には大学野球選手権4強入りに貢献した。2021年のドラフトではソフトバンクに育成14位で指名を受け、12球団の支配下・育成合わせた128人目、この年のドラフトの一番最後に名前が呼ばれた。

 西は現在、関西学院大で最速152キロ右腕の投手に成長。ドラフト候補にも名前が挙がっている。東も今年社会人1年目ながら、3月の東京スポニチ大会では日立製作所の4番を任せられた。

 三浦、古賀には新人王の期待もある。西、東もこれからの活躍に注目だ。