2022年第94回選抜高校野球大会(阪神甲子園球場)に出場する32校が決定した。今年の高校野球界がこのセンバツからスタートすることになる。

 1924(大正13)年から開催された大会は今年で94回目。過去、選抜されたチームの歴史を全国47都道府県別に振り返ってみる。

 今回は山梨。昨年秋の山梨大会を制したのは山梨学院。準優勝の帝京三とともに関東大会に出場した。帝京三は初戦敗退したが、山梨学院は見事に決勝まで駒を進めて今センバツ出場を射止めた。

 過去、山梨でのセンバツの出場回数上位ランキングは以下の通り。

<山梨センバツ出場回数上位ランキング>
1位 東海大甲府   6回
2位 甲府工     5回
2位 山梨学院    5回
4位 市川      3回
5位 甲府商     2回

 山梨県勢のセンバツ初出場は、第21回(1949年)大会の日川。県内トップの出場回数を誇る東海大甲府は第59回(1987年)に初出場。この年は甲府工と同時出場で、山梨県初の2校出場だった。今回出場する山梨学院はあと1回でトップに並ぶ。

<山梨21世紀枠出場校と結果>
2007年 都留

 山梨県勢の21世紀枠での出場は都留のみ。三宅島噴火による避難生活を余儀なくされた都立三宅と合同練習を行うなども評価された。初戦で今治西(愛媛)に惜しくも1点差負けを喫した。

 センバツの勝利数上位ランキングは以下の通り。
1位 東海大甲府 8勝(4強2回、8強1回)
2位 市川    7勝(4強1回、8強2回)
3位 甲府工   3勝(8強1回)
4位 甲府商   2勝(4強1回)
4位 山梨学院  2勝

 山梨県勢のセンバツ初勝利は、第39回(1967年)大会の甲府商。初戦となった2回戦で近大附(大阪)に勝利した。山梨県勢の最高成績は4強。その年に甲府商が最初に4強に進出した。その後、東海大甲府が2度、市川が1度マークしているが、決勝進出はない。

第63回大会=市川
1回戦:3-1 浪速(大阪)
2回戦:3-2 宇都宮学園(栃木)
準々決勝:3-2 桐生第一(群馬)=延長11回
準決勝:1-4 広陵(広島)

 「ミラクル市川」と呼ばれ、センバツにさわやかな風を吹かせた。エース樋渡 卓哉投手を擁して、粘りの野球を見せた。2回戦で2点を追う9回裏に3点を奪う奇跡のサヨナラ勝ちを手にすると、準々決勝では延長11回表に1点を勝ち越されながら、その裏に2点を奪って大会史上初の2戦連続サヨナラ勝ち。決勝進出はならなかったが、「ミラクル市川」としてセンバツの歴史に刻まれた。現在、学校の統廃合により増穂商峡南高校と統合し青州高校となっている。 

 

 山梨県勢のセンバツの通算成績は24勝25敗。都道府県別勝利数ランキングは長野と並び33位タイ。今センバツに出場する山梨学院は、山梨学院大附時代も含めて1大会で2勝できていない。まずは2勝クリアからの上位進出を狙う。