2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

大会展望
【前編】神奈川の横綱・東海大相模と横浜の課題は?
【後編】桐光学園を中心に慶應義塾、桐蔭学園と今年も実力校揃う

注目選手
東海大相模の大塚瑠晏(るあん)など!神奈川の夏を盛り上げる逸材野手8名リスト

 第103回神奈川大会のベスト8が出揃った。この夏の神奈川8強の顔ぶれは以下の通り。

東海大相模(春優勝)
日大藤沢(春ベスト4)
横浜(春ベスト4)
向上
藤沢翔陵
慶應義塾
横浜清陵
横浜創学館

 春準優勝の桐光学園、昨夏準優勝の相洋が5回戦敗退となった。慶應義塾藤沢翔陵は今大会1回戦から5戦を戦い抜いており、勢いに乗る。慶應義塾は公立・横浜清陵と、藤沢翔陵は絶対王者・東海大相模と準々決勝を戦う。

 準々決勝4試合は24日に行われる。

2ページ目にトーナメント表を掲載中!】

■大会の詳細・応援メッセージ
第103回 全国高等学校野球選手権 神奈川大会

■7月24日の試合

第103回 全国高等学校野球選手権 神奈川大会

第103回 全国高等学校野球選手権 神奈川大会
準々決勝 横浜 11  -  3    向上 バッティングパレス相石スタジアムひらつか 応援メッセージ
慶應義塾 15  -  3    横浜清陵 サーティーフォー保土ヶ谷球場 応援メッセージ
横浜創学館 13  -  3    日大藤沢 川崎市等々力球場 応援メッセージ