甲子園を沸かせた名チームを振り返るシリーズ。今回は2016年夏に甲子園出場を果たした、香川の尽誠学園の主な選手たちのその後を紹介する。

投手 渡邊 悠 3年(國學院大)
捕手 松原 圭 3年(神戸国際大-全播磨硬式野球団)
内野手 土井 力丸 3年(大阪商業大-伯和ビクトリーズ)
内野手 松井 永吉 3年(拓殖大中退-BC栃木)
内野手 中原 輝也 2年(法政大)
内野手 高原 潤哉 3年(日本経済大)
外野手 弦本 義輝 3年(近畿大)
外野手 宮川 魁成 3年(大阪経済大)
外野手 井上 大輔 3年(福井工業大)

 4番・中堅手を務めた松井 永吉は拓殖大中退を経てルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブスに入団。2018年シーズンまでプレーした。

 2年生で5番・二塁手を務めた中原 輝也は法政大へ進学。今年の春季リーグ戦は全10試合に出場し、三塁手のレギュラーとして30打数10安打、打率.333を記録した。

 そして正捕手の松原 圭は地元・兵庫の全播磨硬式野球団で2番・遊撃手の土井 力丸も地元・広島の伯和ビクトリーズで硬式野球を継続している。

 松原、土井を筆頭に2016年の尽誠学園ナインの今後の活躍ぶりにも注目だ。