関西学生リーグの強豪として君臨する近畿大。そんな近畿大の新入生を紹介したい。

 まず投手では、140キロ台の速球を投げ込む好投手・衣笠 遼履正社)、突出した球速はないものの、緩急を効かせた投球で淡々と打者を打ち取る石井 康輝(箕面学園)、168センチながら、140キロを超える速球を投げ込む伊藤 暖人(金光学園)、矢田 真那斗智辯和歌山)は130キロ前半ながら、変化球を巧みに使って抑える左の技巧派だ。

 清水 大晟大阪桐蔭)は下級生の時からベンチ入りし、巧打が光った右の好捕手。鳥取城北の主将・吉田 貫汰、兵庫県注目の遊撃手として注目を浴びた柴田 大成神戸国際大附)は2年秋に兵庫県選抜として台湾遠征を経験している。

 パワフルな打撃を持ち味に本塁打を量産する右のスラッガー・加藤 真浩(埼玉栄)、走攻守三拍子揃った巧打の外野手・白石 陸智辯学園)、投手として活躍も打撃センスの高さ、身体能力の高さを生かして大学では外野手転向の白石 晃大近大高専)も注目だ。

 投打に能力が高い選手が入った近畿大。どんな活躍を見せるか楽しみだ。