30日、愛知では全尾張選手権の準決勝2試合、全三河大会の3位決定戦、決勝戦が行われた。

 全尾張選手権では日本福祉大付東浦がそれぞれ勝利し決勝進出を果たした。日本福祉大付は昨秋に続いての決勝進出。決勝戦は6月5日に予定されている。

 全三河大会の3位決定戦は豊橋中央愛知産大三河を2対0で下した。決勝戦は刈谷が6対5で豊田大谷を振り切って優勝を果たした。

◇5月30日の試合

第131回 全尾張高等学校野球選手権大会

第144回 中日旗争奪全三河高校野球大会

第131回 全尾張高等学校野球選手権大会
準決勝 東浦    6  -  3    誠信 半田北部グラウンド 応援メッセージ
日本福祉大付 10  -  0    津島東 半田北部グラウンド 応援メッセージ
第144回 中日旗争奪全三河高校野球大会
決勝 刈谷    6  -  5    豊田大谷 豊田市運動公園野球場(豊田球場) 応援メッセージ
3位決定戦 豊橋中央    2  -  0    愛知産大三河 豊田市運動公園野球場(豊田球場) 応援メッセージ

◇6月5日の試合

第131回 全尾張高等学校野球選手権大会

第131回 全尾張高等学校野球選手権大会
決勝 日本福祉大付    3  -  1    東浦 小牧市総合運動場野球場 応援メッセージ

■大会日程・応援メッセージ
第144回 中日旗争奪全三河高校野球大会
第131回 全尾張高等学校野球選手権大会