昨年独自大会ベスト16に終わったものの、選手のタレント度ではトップクラスのものがあった中央学院
 卒業生たちの進路は以下となっている。

投手 山下 一馬(立正大)
投手 近藤 直弘(中央学院大)
捕手 山本 健太(桜美林大)
内野手 松山 大悟(中央学院大)
内野手 加藤 公翔(拓殖大)
外野手 飯山 志夢(立正大)
外野手 青木 優吾(桐蔭横浜大)
井上 健太郎(帝京平成大)
海沼 東希(武蔵大)
加藤 優生(淑徳大)
黒田 懸斗(淑徳大)
小泉 勇人(獨協大)
郡山 徹(札幌国際大)
髙木 耀太(淑徳大)
橋爪 大智(流通科学大)
桝谷 駿(淑徳大)
宮城 孝汰(淑徳大)
下田 真也(日大国際関係学部)
【マネージャー】
諸岡 怜 (上武大)

 エースの山下、センターの飯山はすでに東都一部の試合を経験しており、首脳陣の期待も高い選手だ。その他の選手たちの能力も高く、デビューが大きく期待される。

(記事=編集部)