【トーナメント表】東海大会の勝ち上がり

 22日、2日遅れで春季東海大会が開幕し1回戦4試合が行われ、ベスト4が決まった。

 中京津田学園の試合は両軍合わせて26安打が生まれる乱打線となり、中京が11対9で津田学園を振り切った。愛工大名電岐阜第一の注目の一戦は延長12回に及ぶ接戦となった。愛工大名電は12回表、3番・田村 俊介、4番・加藤 蓮の連続適時打で2点を挙げ、6対4で試合を決めた。

 享栄藤枝明誠を8対3で下し、掛川西津商に5対1で勝利した。翌23日には準決勝2試合が行われる予定。

◇5月22日の試合

第68回 春季東海地区高等学校野球大会

第68回 春季東海地区高等学校野球大会
1回戦 掛川西    5  -  1    津商 伊勢市倉田山公園野球場
愛工大名電    6  -  4    岐阜第一 伊勢市倉田山公園野球場
享栄    8  -  3    藤枝明誠 四日市市営霞ヶ浦第一野球場
中京 11  -  9    津田学園 四日市市営霞ヶ浦第一野球場

◇5月23日の試合

第68回 春季東海地区高等学校野球大会

第68回 春季東海地区高等学校野球大会
準決勝 掛川西    6  -  1    愛工大名電 伊勢市倉田山公園野球場
享栄 12  -  3    中京 伊勢市倉田山公園野球場

■結果詳細・応援メッセージ
第68回 春季東海地区高等学校野球大会