【トーナメント表】春季関東大会の勝ち上がり

 18日、春季関東大会では準々決勝2試合が行われ、ベスト4が出揃った。

 第一試合の常総学院(茨城1位)と花咲徳栄(埼玉2位)の一戦は両軍合わせて27安打の乱打戦となり、常総学院が10対8の逆転勝利で関東一が待つ準決勝への切符を掴んだ。常総学院は逆転を許した7回裏、一死一、三塁の好機に暴投で同点に追いつき、一死満塁としたところで9番・加藤 颯が2点適時打を放ちシーソーゲームをものにした。

 第二試合は専大松戸(千葉2位)が浦和学院(埼玉1位)を9対5で振り切った。専大松戸岡本 陸深沢 鳳介の継投で自軍を上回る14安打を喫すも粘りの投球を見せた。準決勝は桐光学園と対戦する。

 準決勝2試合は中3日を挟み22日、決勝戦は23日に行われる予定。

<関東ベスト4>
常総学院(茨城1位)
関東一(東京2位)
桐光学園(神奈川2位)
専大松戸(千葉2位)

◇5月18日の試合

第73回 春季関東地区高等学校野球大会

第73回 春季関東地区高等学校野球大会
準々決勝 常総学院 10  -  8    花咲徳栄 山日YBS球場
専大松戸    9  -  5    浦和学院 山日YBS球場

◇5月22日の試合

第73回 春季関東地区高等学校野球大会

第73回 春季関東地区高等学校野球大会
準決勝 関東一    6  -  5    常総学院 山日YBS球場
専大松戸    3  -  2    桐光学園 山日YBS球場

■大会の詳細・応援メッセージ
第73回 春季関東地区高等学校野球大会