甲子園を沸かせた名チームを振り返るシリーズ。今回は2016年夏に甲子園初出場を果たした山口の高川学園の主な選手たちのその後を紹介する。

投手 山野 太一 3年(東北福祉大-東京ヤクルト)2020年2位
捕手 山崎 悠大 3年(中央学院大)
内野手 石丸 隆哉 3年(東北福祉大)
内野手 森 大祐 3年(関西大)
内野手 市成 啓悟 2年(大阪体育大)
内野手 朝田 走 3年(天理大)
外野手 大江 駿介 3年(東京情報大)
外野手 相田 聖人 3年(桐蔭横浜大)
外野手 吉村 聖人 3年(神奈川工科大)
外野手 清水 裕達 3年(京都先端科学大)

 山野 太一はエースとして同校初の甲子園出場へ牽引。1回戦では履正社寺島 成輝と投げ合った。大学は東北福祉大に進学し、3年春は36イニング連続無失点を記録するなど5勝0敗、防御率0.00でリーグ最優秀投手にも選出された。昨年のドラフトでは東京ヤクルトに2位指名を受け、寺島とチームメイトとなった。

 当時2年生で唯一「7番・遊撃手」としてスタメン出場を果たした市成 啓悟は大阪体育大に進学し、今季は主将としてチームを牽引している。

 そのほか、「4番・二塁手」の石丸 隆哉は山野と同じく東北福祉大で、「5番・一塁手」の森 大祐は関西大でプレーした。

 プロ入りした山野を筆頭に2016年の高川学園ナインの今後の活躍ぶりにも注目だ。

(記事:編集部)