【トーナメント表】春季九州地区大会の勝ち上がり

 28日、春季九州地区大会では準決勝2試合が行われ決勝戦を戦う2校が決まった。

 第1試合の九州国際大付興南の一戦は初回、九州国際大付の4番・黒田 義信(2年)のホームランで、九州国際大付が2点を先制したところから試合が動き出す。これを九州国際大付先発のエース・山本 大揮が粘りの投球で守る。

 4回に興南に1点を返されたものの、逆転までは許さない九州国際大付・山本。打線はその後、追加点は奪えなかったが、九州国際大付が逃げ切って興南に勝利。2対1の投手戦を制して九州国際大付が決勝戦に2年ぶりに勝ち進んだ。

 2試合目は具志川商福岡大大濠の選抜出場校同士の一戦。このカードは、今年のチームになってから2度対戦しており、いずれも福岡大大濠が勝利。具志川商にとってはリベンジに燃える一戦だったが、その具志川商が初回に4番・狩俣 伊吹のタイムリーで先制に成功。2回には1番・新川 俊介のホームランなどで3点を追加して主導権を握ると、8回までで12安打8得点と猛攻を見せた。

 具志川商の先発・山田 極登は安定した投球。福岡大大濠に反撃の隙を与えず、そのまま完封。8対0のコールド勝ちで具志川商福岡大大濠を下した。

 九州国際大付具志川商の決勝戦は4月30日に行われる予定となっている。

◇4月28日の試合

第148回 九州地区高等学校野球大会

第148回 九州地区高等学校野球大会
準決勝 九州国際大付    2  -  1    興南 別大興産スタジアム(新大分球場)
具志川商    8  -  0    福岡大大濠 別大興産スタジアム(新大分球場)

◇4月30日の試合

第148回 九州地区高等学校野球大会

第148回 九州地区高等学校野球大会
決勝 具志川商    3  -  1    九州国際大付 別大興産スタジアム(新大分球場)

■大会の詳細・応援メッセージ
第148回 九州地区高等学校野球大会