昨夏交流戦出場の県立岐阜商の主力選手の進路を紹介したい。

投手 森 大河(青山学院大)
投手 西内 勇人(近畿大)
内野手 多和田 尚典(名城大)
内野手 佐々木 泰(青山学院大)
内野手 服部 圭吾(愛知大)
内野手 國枝 耕介(金沢学院大)
内野手 後藤 央典(関西学院大)
外野手 山田 蓮(金沢学院大)
外野手 佐竹 秀也(中央大準硬式)

 現在、主力投手で活躍する松井大輔(青山学院大)に続いて、佐々木、森の投打の柱が青山学院大に進学。特に佐々木は1年春で4本塁打を記録しており、東都のニュースターとして活躍を見せている。

(記事:編集部)