3月26日の開幕戦まであとわずかに迫った。すでに各球団の監督は開幕投手を発表しており、その指名されたエース格の投手たちは大一番に向けて準備を進めている。

 現在、発表されている12名の顔ぶれを見ると高卒出身が6名、大卒出身が6名となっており社会人出身はひとりもいない。開幕投手はローテーションや相性、故障の影響などもあるとはいえ、多くの場合、球団の顔とも呼べる投手が登板する。

 社会人出身の投手は少ないのか、それともたまたまなのか。開幕投手たちの経歴を楽天が新規参入した2005年以降で球団ごとに調べてみた。

 広島の開幕投手は3年連続で大瀬良 大地長崎日大高→九州共立大)が務める。オープン戦では3試合(15回)を投げ無失点と結果を残した。3月19日のソフトバンク戦では6回無失点、6奪三振、被安打2の好内容を80球でまとめている。昨年9月に右肘の手術を行ったが不安はなさそうだ。

 そんな大瀬良は開幕戦で昨年は9回1失点完投、一昨年は8回無失点と2年連続で好投しともに白星をマークしている。今年も同様の好投に期待がかかる。

 広島の開幕投手を振り返ってみると、大瀬良と同じ生え抜きの大卒投手では野村 祐輔広陵高→明治大)と黒田博樹(上宮高→専修大)がそれぞれ務めている。黒田は2005年から2007年の3年間で2勝0敗と好成績を残した。

 また勝ち負けのつかなかった2006年もチームは勝利している。野村も唯一の大役となった2018年に白星をマークした。広島は2005年以降、生え抜きの大卒投手が開幕投手を務めた年はすべて勝利していることになる。

 生え抜きの高卒選手で開幕投手を務めたのは、前田 健太PL学園高)と大竹寛(浦和学院高)のふたり。前田は開幕戦で1勝2敗、チームでみても2勝3敗と負け越している。

 外国人選手ではルイス、バリントン、ジョンソンの3人が大役を任された。同期間で3人の外国人選手が開幕投手となったのは広島だけ。それだけ優秀な成績を残した外国人投手が多かった。

 一方で生え抜きの社会人出身の開幕投手は不在。現在チームを率いる佐々岡真司監督が2002年に務めたのが最後となっている。

 大瀬良は生え抜き大卒投手が開幕投手となった年の連勝を伸ばすことができるだろうか。

<広島の開幕投手>
※2021年は予定
※2005年以降

2021年:大瀬良 大地長崎日大高→九州共立大)
2020年:大瀬良 大地長崎日大高→九州共立大)
2019年:大瀬良 大地長崎日大高→九州共立大)
2018年:野村 祐輔広陵高→明治大)
2017年:ジョンソン
2016年:ジョンソン
2015年:前田 健太PL学園高)
2014年:前田 健太PL学園高)
2013年:バリントン
2012年:前田 健太PL学園高)
2011年:前田 健太PL学園高)
2010年:前田 健太PL学園高)
2009年:ルイス
2008年:大竹寛(浦和学院高)
2007年:黒田博樹(上宮高→専修大)
2006年:黒田博樹(上宮高→専修大)
2005年:黒田博樹(上宮高→専修大)

(記事:勝田 聡)

関連記事
堂林も復活傾向で20代、ベテラン選手もハイクオリティな広島カープのスタメンは上位指名が大半!
キャンプ2軍スタートの小園海斗(報徳学園出身)はファーム最多安打の実力を見せられるか
広島5年目左腕がキャンプ1軍スタート。トミー・ジョン手術からの復活なるか