【ギャラリー】創価大に入学する選手たち

 全国大会の常連の創価大が新入生を公開した。

 池田 泰騎智辯和歌山)は、1年秋から登板経験豊富の技巧派左腕。最終学年にかけて大きく伸びた。石坂 大河創価)は鋭い腕の振りが持ち味の好左腕だ。田代 涼太帝京)も恵まれた体格から130キロ後半の速球、ツーシームを投げ分けるうまさをもった大型左腕。

 小辻 鷹仁瀬田工)はプロ注目右腕として騒がれた速球派投手。常時140キロ中盤の速球、スライダーを巧みに投げ分け、4年後のドラフト上位を狙う。森畑 侑大創価)も140キロ超えの速球と落差が鋭いフォークを武器にする大型右腕。150キロ超えも期待できる逸材だ。

 綾原 創太智辯和歌山)は1年秋から恐怖の9番打者として活躍を見せていたクラッチヒッターで、存在感を示してくれそうだ。

 大城 龍馬日大三)もパワフルな打撃が持ち味の強打者。河合 圭聖創価)も広角に打てて、キャプテンシーも頼れる選手だ。谷藤 大二郎創価)は抜群の遊撃守備が光る好選手だ。宮原 光夫創価)は今年の創価大の新入生では一番の打撃技術がある左の中距離打者で、内野守備も標準以上で、即戦力として期待できそうだ。

 交流戦出場経験のある好打者・小川 聖太明豊)、西東京では屈指の強打者として活躍した齋藤 光瑠国士舘)。さらに島本 康平創価) も走攻守三拍子そろった逸材だ。

 創価大は昨年、秋、夏ベスト4入りした創価の主力選手がごっそり入学。さらに全国レベルの投手も入部しており、数年後には全国上位を狙えるチームになりそうだ。