新成人で注目を浴びる選手といえば、根尾 昂大阪桐蔭出身)だろう。高校時代、3度の甲子園優勝、4度の甲子園出場を経験した。

 ドラフト1位として入団し、高く期待を受ける根尾だが、ここまで苦しんでいるように感じられる。それでも着実に進歩している。ここでファームの成績を紹介したい。

1年目 108試合 410打数86安打 2本塁打33打点 打率.210 OPS.564
2年目 71試合 282打数67安打 5本塁打33打点 打率.238、OPS.637

 着実に成長を見せている。フェニックスリーグでは坂本 裕哉福岡大大濠出身)から場外本塁打を放ち、ファンをわかせた。

 どことなく福留孝介(PL学園出身)を思い出すようなスイング。今年から福留が中日に復帰となった。厳しい競争を勝ち抜き、開幕一軍を掴み取ることが出来るか注目だ。