元オリックス・青山大紀とともに活躍した二刀流・小野耀平(智辯学園出身)が引退

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.12.27

高校時代の小野耀平(智辯学園出身)

 2011年夏、2012年のセンバツ二出場した二刀流・小野 耀平智辯学園出身)が今季限りの引退を決めた。

 生駒ボーイズ出身の小野は智辯学園時代、青山 大紀(元オリックス)とともに活躍を見せた二刀流。投げては140キロを超え、打っても本塁打を量産。

 青山についてかなりライバル視しており、当時のインタビューでは、
 「青山は、これからも上に行くと思います。突っ走っていく選手だと思います。で、もし、自分がプロ野球に入ったとしたら、自分は意識すると思います。アイツには「負けない」ではなくて、負けたくない」と語っていた。明治大学を中退して、甲賀医療専門学校、NOMOベースボールクラブを経て、日本製鉄東海REXでプレー。経歴を見ればまさに渡り鳥のような選手だ。

 プロ入りはできなかったが、それでも印象に残る選手であったことは間違いない。今後の活躍に期待したい。

 2年秋では近畿大会優勝に貢献。3年春のセンバツでは早鞆戦で本塁打を放つ活躍を見せた。

(記事=河嶋 宗一

【関連記事】
2021年センバツ大会(第93回大会)の今後の日程と出場校候補一覧 【ニュース - 高校野球関連】
【選手名鑑】シニア日本代表や31本塁打スラッガーなど気になる10人の右打者たちを紹介! 【ニュース - 高校野球関連】
第1030回 センバツ選考も難航か 2020年もハイレベルだった近畿地区の2021を占う【大会展望・総括コラム】
第1023回 甲子園がなくてもハイレベルで激戦だった2020年の近畿地区【近畿・総括】【大会展望・総括コラム】
第157回 2018年U-15代表の現在地。野手陣もそれぞれ強豪チームの中心選手に成長【高校野球コラム】
第1272回 目指すは甲子園で勝つこと。智辯学園エース左腕・西村王雅の武器は巧みな駆け引き 【2020年インタビュー】
第1050回 9年ぶりの近畿大会優勝を果たした智辯学園の猛打を支える実戦的打撃練習【野球部訪問】
智辯学園vs大阪桐蔭【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
智辯学園vs市立和歌山【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs京都国際【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
智辯学園vs龍谷大平安【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
智辯学園vs滋賀学園【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第1019回 大阪桐蔭、近江、智辯学園らが強豪集う秋季近畿大会。見どころ、注目選手たちを紹介!【大会展望・総括コラム】
第1246回 「プロになりたくて智辯学園を選んだ」 2021年世代屈指のスラッガー・前川右京(智辯学園)が行った高校2年間の意識改革 【2020年インタビュー】
第1101回 最速146キロの大型左腕・松浦慶斗はなぜ旭川を飛び出して大阪桐蔭を選んだのか?【前編】 【2020年インタビュー】
第1014回 驚異的な球速アップの要因は「右手の小指」。たどり着いた剛速球右腕への道 池田陽佑(智辯和歌山)【後編】 【2019年インタビュー】
第496回 智辯学園高等学校 福元 悠真選手「絶対に打てるという自信を持てるほど練習を重ねていきたい」【後編】 【2017年インタビュー】
青山 大紀(智辯学園) 【選手名鑑】
小野 耀平(智辯学園) 【選手名鑑】
智辯学園 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
【近畿】昨夏決勝と同カード・近江vs光泉カトリックなど!<24日の結果>
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る