明石商・中森俊介が仮契約!即戦力度は近年のロッテの高校生投手ならばナンバーワン!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.11.26


中森俊介(明石商)

  千葉ロッテ2位の中森 俊介明石商)が仮契約を結んだ。

昨年163キロ右腕の佐々木 朗希大船渡出身)が指名されたが、即戦力度という意味では近年の高卒投手では一番だろう。150キロ前後の速球、多彩な変化球を投げ分ける投球術と高校生として抜けており、大学生と比較出来るレベル。

 近年、高卒投手でローテーション入りした投手といえば、唐川 侑己成田出身)、西野 勇士新湊出身)、二木 康太鹿児島情報出身)、種市 篤暉八戸工大二出身)がいるが、彼らと比較しても能力的には負けていないものがあり、早々と入っていてもおかしくない。

ぜひ千葉ロッテのエースとして育つことを期待したい。

【関連記事】
2021年センバツ大会(第93回大会)の今後の日程と出場校候補一覧 【ニュース - 高校野球関連】
DeNA選手の弟、超高校級遊撃手3名など國學院大期待の新入生18名!! 【ニュース - 高校野球関連】
第1033回 「ゴツく見える」現役球児が憧れるユニフォーム1位に輝いたのは?【球児に聞き隊!】【野球総合研究所】
第1029回 高卒プロ入り7名は過去5年と比較しても最多。2020年の神奈川高校野球は人材面では大豊作だった【大会展望・総括コラム】
第30回 今年の顔から2021年の注目選手まで!2020年最も読まれたインタビュー記事TOP10を発表!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第163回 佐倉シニアの恩師が語る2017年黄金世代の選手たち。プロ入り選手以外も実力派揃い【高校野球コラム】
第30回 強豪校の練習映像多数!これまで視聴された高校野球ドットコムYouTube人気ランキングTOP10【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
東海大甲府vs東海大相模【2020年秋の大会 第73回秋季関東大会】
第1266回 中森とともに36年ぶりの公立校複数ドラフト1位をあるのか?超高校級スラッガー・来田涼斗(明石商)の決意【後編】 【2020年インタビュー】
第1268回 超高校級右腕・中森俊介が明かす変化球5種類を徹底解説!【後編】 【2020年インタビュー】
第1266回 超高校級のスラッガー・来田涼斗(明石商)課題克服のカギとなったのは「シャトル打ち」!?【前編】 【2020年インタビュー】
第1267回 高校1年から騒がせた超高校級右腕・中森俊介の知られざるラストイヤーの取り組み【前編】 【2020年インタビュー】
東海大相模vs鎌倉学園【神奈川県 2020年秋の大会 神奈川県秋季大会】
東海大相模vs横浜【神奈川県 2020年秋の大会 神奈川県秋季大会】
東海大相模vs相洋【神奈川県 2020年夏の大会 令和2年度神奈川高等学校野球大会】
東海大相模vs三浦学苑【神奈川県 2020年夏の大会 令和2年度神奈川高等学校野球大会】
第1142回 秋に台頭した報徳学園の核弾頭・三宅雄雅 覚醒の秘訣は「ツイスト打法」の習得 【2020年インタビュー】
中森 俊介(明石商) 【選手名鑑】
西川 僚祐(東海大相模) 【選手名鑑】
明石商 【高校別データ】
東海大相模 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
【千葉】木更津総合、八千代松陰らが8強入り!<26日の結果・トーナメント表>
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る