【四国大会のトーナメント表をチェック!(全試合終了)】

 11月1日、第73回秋季四国地区高等学校野球大会は県立春野野球場にて決勝戦が行われた。

 昨年の覇者・明徳義塾(高知1位)と愛媛1位・聖カタリナ学園の対戦となった決勝戦は、一進一退の攻防の中、迎えた8回、今大会通算打率が5割を超える明徳義塾の3番・米崎 薫暉が先頭で出塁すると、打線が繋がり3点を奪い、一気に聖カタリナ学園を突き放す。その後もノーエラーの高い守備力できっちりと守り切った明徳義塾が5対1で勝利。見事、四国大会連覇を果たした。

◇11月1日の試合結果

第73回 秋季四国地区高等学校野球大会

第73回 秋季四国地区高等学校野球大会
決勝 明徳義塾    5  -  1    聖カタリナ学園 高知県立春野運動公園野球場

■大会の組み合わせ・応援メッセージ
第73回 秋季四国地区高等学校野球大会

【四国大会のトーナメント表をチェック!(全試合終了)】