ペナントレースも終盤戦に入り、各チーム若手選手を積極的に起用するようになった。今シーズン苦しい戦いが続いているヤクルトも同様だ。10月29日の広島戦では3年目の高卒3年目の金久保 優斗(東海大市原望洋高)がプロ初先発。勝ち星こそつかなかったものの、5回無失点6奪三振、許した安打はわずかに1本と堂々の投球を見せた。

 野手陣では高卒ルーキーの長岡 秀樹八千代松陰高)と武岡 龍世八戸学院光星高)が一軍帯同を続けている。2人揃ってのスタメン出場もあり、期待されている感がヒシヒシと伝わってくる。優勝やクライマックス・シリーズの出場権をかけた戦いではないとはいえ、若い2人にとっては大きな財産となるはずだ。

 ここまで長岡は5試合、武岡は4試合の出場を果たしている。ヤクルトにおいて高卒1年目の野手が、これだけ出場するのはかなり珍しいことだ。

 チームの先輩を見てもそれはよくわかる。現在、生え抜きの高卒野手は12人が在籍しているが、1年目に一軍デビューを果たしたのは7人だけ。そのなかで最多の出場数は、初打席初本塁打を放った村上 宗隆九州学院高)と川端 慎吾市立和歌山商)の6試合である。

 山田 哲人履正社高)は1年目のクライマックス・シリーズでデビューを飾ったものの、公式戦には1試合も出場していない。ちなみに入団当時は投手だった雄平(東北高)は、1年目に30試合の出場(27登板)を果たしている。

 残りは10試合あり、長岡と武岡のふたりはまだまだ出場試合数を伸ばすことだろう。このままいけば村上と川端の6試合を抜く可能性が高い。

 とはいえこれは、高卒1年目の出場試合数だけの話であり、今後の活躍を保証するものではもちろんない。この経験を生かすも殺すも自分次第である。首脳陣の期待を背負っているふたりが来シーズン以降、ブレイクすることを心待ちにしている。

<ヤクルトの生え抜き高卒野手による1年目の出場試合数>
※☆は2020年の高卒1年目
※2020年10月30日終了時点
6試合:村上 宗隆九州学院高)、川端 慎吾市立和歌山商
5試合:中村 悠平福井商)、☆長岡 秀樹八千代松陰高)
4試合:☆武岡 龍世八戸学院光星高)
2試合:廣岡 大志智辯学園高)、濱田 太貴明豊高)
0試合:山田 哲人履正社高)、西田 明央北照高)、上田 剛史関西高)、渡辺 大樹専大松戸高)、古賀 優大明徳義塾高)

(記事:勝田 聡)