今年は智辯和歌山、京都国際など3位も強力!過去10年の近畿優勝一覧と出場順位内訳

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.10.16

德丸天晴(智辯和歌山)

 17日より開幕する秋季近畿地区大会。今年も大阪桐蔭天理など近畿常連校が順当に勝ち進み、選抜の切符をかけ熱戦を繰り広げる。昨年度は奈良3位の天理が下克上を果たし頂点に立った。さらに一昨年も京都3位の龍谷大平安が3位校で近畿大会を制している。そして以下が直近10年の近畿大会優勝校と出場順位である。

2019年 天理(奈良3位)
2018年 龍谷大平安(京都3位)
2017年 大阪桐蔭(大阪1位)
2016年 履正社(大阪2位)
2015年 大阪桐蔭(大阪2位)
2014年 天理(奈良1位)
2013年 龍谷大平安(京都1位)
2012年 京都翔英(京都1位)
2011年 智辯学園(奈良2位)
2010年 天理(奈良2位)

 優勝回数は奈良4回、大阪、京都が3回という内訳だった。そして天理が3度、龍谷大平安大阪桐蔭が2度の優勝を果たしており、この辺りの毎年秋から勝てる実力はさすがである。そしてこの3校は1位校として今大会に出場を決めている。

 2年連続で3位校が優勝を果たしている中で、今年の3位校をみてみると、和歌山3位の智辯和歌山が最も力がありそうだ。また、一つ勝つと準々決勝では和歌山大会準々決勝で敗れた市立和歌山との再戦の可能性もある。うまく勢いに乗ることができれば3位からの下克上が期待できるだろう。

 今年も3位校が下克上を果たすのか、それとも大阪桐蔭天理龍谷大平安などの経験豊富な上位校が強さを見せるのか。17日には1回戦3試合が行われる。


【関連記事】
智辯和歌山vs東海大仰星【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
中盤に智辯和歌山らしさ発揮!好投手・高橋怜央を打ち砕き初戦突破! 【ニュース - 高校野球関連】
龍谷大平安vs山田【2020年秋の大会 令和2年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
京都王者・龍谷大平安が勢い乗る山田を下す! 【ニュース - 高校野球関連】
龍谷大平安vs乙訓【京都府 2020年秋の大会 秋季京都府高等学校野球大会 2次戦】
大阪桐蔭vs履正社【大阪府 2020年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
第1017回 いよいよ大阪は準決勝!大阪桐蔭vs履正社、東海大仰星vs山田の勝負のポイントを徹底分析!!【大会展望・総括コラム】
大阪桐蔭vs箕面学園【大阪府 2020年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
第136回 やんちゃ坊主、甘えん坊でも能力は凄かった2018年U-15日本代表。コーチを務めた元プロ・徳元敏氏が語る侍戦士たち【西日本編】【高校野球コラム】
第134回 執念、チーム力、甘さ。東海大相模が大阪桐蔭との一戦で学んだこと【高校野球コラム】
第272回 まさに世代屈指の投球!最速154キロを誇る剛腕・関戸康介(大阪桐蔭)の進化のポイントを解説【ドラフト特集コラム】
第271回 世代屈指の剛腕左腕・松浦慶斗(大阪桐蔭)も順調に成長中!【ドラフト特集コラム】
第1224回 持ち味は高校生レベルを超えたスピード感あふれるプレー 巧打者・細川凌平(智辯和歌山)が掲げるビジョン 【2020年インタビュー】
第1223回 世代トップクラスの剛腕・小林樹斗(智辯和歌山)は昨夏の米子東戦以上のインパクトのある投球を見せることができるか 【2020年インタビュー】
第1198回 奥村真大(龍谷大平安)はなぜプロ志望を公言したのか?そして狙うは「兄超えの一流選選手」【後編】 【2020年インタビュー】
第1195回 3世代で甲子園を経験!奥村真大(龍谷大平安)の持ち味は類まれな勝負強さ【前編】 【2020年インタビュー】
第1145回 大学3年右腕ではトップの徳山壮磨(早稲田大)をレベルアップさせたフォーム改造術 【2020年インタビュー】
大阪桐蔭 【高校別データ】
智辯和歌山 【高校別データ】
天理 【高校別データ】
龍谷大平安 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
【東北大会】4強出揃う!仙台育英は花巻東と激突!<17日の結果・トーナメント表>
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る