オリックス・山本由伸が圧巻投球!宮崎県の高校出身者の中位・下位指名選手は?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.06.23

オリックス・バファローズの山本由伸(都城出身)

 6月21日、オリックスが開幕3試合目にして待望のシーズン初勝利をマークした。その立役者となったのが、先発の山本 由伸である。今シーズン初登板となった山本は、初回から3者連続三振を奪う絶好の立ち上がり。結局、二塁を踏ませぬ投球で8回無失点10奪三振と圧巻の投球を披露している。高卒4年目にしてエースの風格が漂うような内容だった。

 そんな山本は宮崎県の都城高出身。2016年のドラフト会議でオリックスから4位指名を受けた。同校は日本ハムで一筋で2000本安打を達成した田中幸雄や横浜、楽天などで活躍した福盛和男などNPBで実績を残した選手を輩出している。ちなみに田中も福盛もドラフト3位からの躍進だった。

 宮崎県の高校出身者で中位・下位指名選手の躍進例は他にもある。NPBにおいて通算打率(4000打数以上)のトップを走る青木宣親(ヤクルト)もそうだ。青木は日向高から早稲田大へと進学し、2003年のドラフト会議4巡目でプロ入りを果たしている。

 その他の現役選手では日南学園高出身の中崎 翔太(広島/2010年6位)や聖心ウルスラ高出身の戸郷 翔征(巨人/2018年6位)、田原誠次(巨人/2011年7位)などもそうだ。

 すでに引退している人物に幅を広げてみると、オリックスの前監督であり現在はGMを務めている福良淳一もそう。福良は延岡工から大分鉄道管理局を経て1984年のドラフト会議で6位指名を受け阪急へと入団。通算1116安打を放ち、ベストナインも2回獲得するなどの実績を残した。

 現オリックス監督の西村徳文も福島高校から鹿児島鉄道管理局を経て、1981年ドラフト会議でロッテから5位指名を受けプロ入り。首位打者1回、盗塁王4回を獲得している。首位打者や打点王を獲得した広島の水谷実雄も宮崎商出身であり、1965年ドラフト4位での入団だった。

 大阪や神奈川などと比べると、決してプロ野球選手を多く輩出しているとは言えない宮崎県の高校からも、ドラフト上位指名ではなく中位下位指名からこれだけの名選手が誕生しているのである。はたして今年も新たな活躍者は生まれるだろうか。「宮崎県の高校出身×中位・下位指名」に注目だ。

【宮崎県の高校からドラフト3位以下でプロ入りした主な選手】

水谷実雄(宮崎商→1965年広島4位)
小川亨(宮崎商→立教大→1967年近鉄3位)
西村徳文(福島高→鹿児島鉄道管理局→1981年ロッテ5位)
福良淳一(延岡工→大分鉄道管理局→1984年阪急6位)
田中幸雄(都城高→1985年日本ハム3位)
福盛和男(都城高→1994年横浜3位)
青木宣親(日向高→早稲田大→2003年ヤクルト4巡)※現役
草野大輔(延岡学園高→NTT東京→NTT九州→ホンダ熊本→2005年大・社楽天8巡)
藤岡好明(宮崎日大高→JR九州→2005年大・社ソフトバンク3巡)※現役
下園辰哉(宮崎日大高→九州国際大→2006年大・社横浜4巡)
中崎 翔太日南学園高→2010年広島6位)※現役
田原誠次(聖心ウルスラ高→三菱自動車倉敷オーシャンズ→2011年巨人7位)※現役
金田和之(都城商→大阪学院大→2012年阪神5位)※現役
山本 由伸都城→2016オリックス4位)※現役
山崎剛(日照学園高→國學院大→2017年楽天3位)※現役、幹史に改名
ケムナブラッド誠(日南高→日本文理大→2017年広島3位)※現役
戸郷 翔征聖心ウルスラ高→2018年巨人6位)※現役
武藤 敦貴都城東高→2019年楽天4位)※現役

(記事=勝田 聡)


関連記事
山本由伸(都城出身)が世代のトップランナーに、高卒4年目の現在地
巨人から久々に誕生した高卒の本格派右腕・戸郷翔征(聖心ウルスラ学園出身)
巨人・戸郷が注目株!宮崎県出身の中位・下位指名からの活躍選手を振り返る

【関連記事】
最速150キロ右腕・菊地竜雅(常総学院)、雨天の中でも5回7奪三振無失点の快投! 【ニュース - 高校野球関連】
菊地、石川など常総学院の主力組が格の違いを見せ、連勝を飾る!常総学院vs水戸葵陵の練習試合を徹底レポート 【ニュース - 高校野球関連】
常総学院vs水戸葵陵【2020年 練習試合(交流試合)・夏】
第15回 夏13連覇中!福島の強豪・聖光学院の甲子園での戦績・卒業生の進路を紹介!【データブック】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第267回 軟式U-15経験者や磐城の143キロ右腕...ブレイク必至の好投手たち【東日本投手編】【ドラフト特集コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
第5回 センバツの要注目は来田、中森らの6名!ではブレイク候補だったドラフト候補17名は?【センバツ2020】
兵庫県選抜vs関西国際大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
第1086回 2020年の「大型遊撃手枠」は入江大樹(仙台育英)だ!活躍のピークはラストシーズンで! 【2019年インタビュー】
慶應義塾大vs関西大【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
関西大vs金沢学院大【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会 大学の部】
仙台育英vs天理【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
第1037回 「大学球界の名門・東洋大4番バッターが語るバッティング理論」佐藤都志也(東洋大学)【前編】 【2019年インタビュー】
第1040回 理論派のアスリート型キャッチャー・佐藤都志也(東洋大学)。1.8秒台の猛肩のコツは「キャッチング」【後編】 【2019年インタビュー】
第1034回 笠谷俊介に柳裕也、ドラ1候補・森下暢仁(明治大)のプロ入りへの意思を明確にした類まれな環境 【2019年インタビュー】
第1055回 最速151キロサイド・伊勢大夢(明治大)が最終学年に覚醒した意識の変化 【2019年インタビュー】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【トレーニング編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【打撃編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【走塁編】
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本【守備編】
仁志 敏久が語る
仁志敏久から学ぶ 野球の基礎・基本
大分商 【高校別データ】
大冠 【高校別データ】
関西学院 【高校別データ】
関西 【高校別データ】
関大一 【高校別データ】
関大北陽 【高校別データ】
慶應義塾 【高校別データ】
常総学院 【高校別データ】
聖光学院 【高校別データ】
仙台育英 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
茨城県北の新鋭・佐和は好右腕・黒田を中心とした力と気力がみなぎった選手たちでベスト8以上を狙う
次の記事:
2016年の高校BIG4の一人・寺島成輝。復活と飛躍の4年目へ挑む!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る