「救われる場があってほしい」 タレント揃う光泉カトリックが送る、メリハリを付けた日々

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.05.03

光泉 *写真は昨年春季滋賀大会 近江兄弟社戦より

 高校球児にとって夏は最後の舞台になる選手もいれば、さらに高いステージを目指して結果を残したい選手がいる。

 昨夏準優勝の光泉カトリックにとってはさらなるステップアップを目指す1年だった。高い知的好奇心から最新テクノロジーを活用。またそれにつられるように選手たちの意識も高まり、選手の底上げに成功。 

 今年も最速147キロ右腕・森本 修都、140キロ右腕・中植樹一郎、滋賀県選抜に選ばれた松田 陸とタレントを揃え、古澤和樹監督によると大学など次のステージで続けたい選手は何人かおり、今回の春季大会中止は「痛いですね」と心境を語る。

 これまで3月にも自粛の期間があったが、選手たちの自主性の高さや練習ができないことで懸念される運動量、生活習慣の乱れを防ぐリスクマネジメントを行った。

 「最低限のランニングメニューをトレーナーと相談して連絡しました。あとは栄養、体重が落ちていないか、全体でLINEを通じて確認をしました。やはりどうしても生活習慣の乱れで体調を崩している選手もいまして。生活習慣をしっかりさせるために、早い就寝と夏に向けて練習をきっちり取り組むことをお願いしました」

 3月の自粛期間は3週間程度だったが、選手たちは意識高く取り組み、筋力量が増えている選手もいたという。「普段から教え込むスタイルではなく、選手が必要なことを必要なだけやっているので、1から10まで教えないといけないわけではなかったので、それが良かったんだと思います」

 選手たちの意識の高さをたたえた。今回の自粛は夏だけ考えてみれば痛い。しかし高校球児は夏が終われば受験生になる。冒頭で説明したように、上で続けたい選手は古澤監督によると「片手で数えるくらい」と多くはない。だからこそこの期間に勉強をする習慣をつけることを促している。

 「3年生に話したのは、受験勉強することです。夏の大会前では受験勉強できる状況ではありません。逆にいえば、今の時期に1か月出来るのは幸せだと思います。コロナが明けたら野球に集中する。いまは受験勉強の練習、準備期間だと捉えています。
 これまで勉強をやらなかった選手が引退して、すぐに勉強に集中するのは難しい。やはり自ら勉強する癖をつける。再開できたら野球に集中して取り組んでいきます」

 いわゆるメリハリ。練習ができる期間でも、練習ができない期間でもどんな行動が自分たちにとってプラスになるのか。それを常に考えるのが光泉スタイルなのだ。

 古澤監督は3年間で今の3年生達の意識が変わっていき能動的に取り組む姿を目の当たりにしてきた。だからこそ夏の開催をしてほしい想いを持っている。

 「夏の大会ができないと3年生の集大成にもならないので、子どもたちのために救われる場があってほしいです。甲子園ができれば理想ですが、せめて県大会だけでもやってあげたいです」

 現在の状況が収束し、今までの成果を発揮する舞台が用意されることを願いたい。

(取材=編集部)

関連記事
徳島県総体協賛ブロック大会中止 2020年の公式大会なしで四国は夏突入へ
長崎はNHK杯も中止が決定。夏の大会は7月9日開幕予定
大学野球も新型コロナウイルス感染拡大の影響で延期・無観客試合が集中。全国26連盟の動向は?

【関連記事】
近江vs光泉カトリック【滋賀県 2020年夏の大会 令和2年度 夏季滋賀県高等学校野球大会】
光泉カトリックvs北大津【2020年 練習試合(交流試合)・夏】
夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手リスト一覧 【ニュース - コラム】
第267回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目投手一覧【ドラフト特集コラム】
滋賀県を代表する二刀流プレーヤーに成長した景山透唯(立命館守山)の野球人生に迫る! 【ニュース - インタビュー】
第1131回 捕手兼投手として、創部4年目のチームを近畿大会に導いた大黒柱・景山透唯(立命館守山)【前編】 【2020年インタビュー】
第2回 全国制覇もドラフトも持っていく勢い!2020年の近畿地区の高校野球を占う【近畿地区の高校野球】
滋賀選抜vs龍谷大【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
第988回 【秋季滋賀県大会】県全体のレベルアップの必要性を感じながらも、見どころの多かった秋【大会展望・総括コラム】
第233回 今年の高校生捕手は東妻、山瀬、水上など逸材揃い!【厳選12捕手リスト】【ドラフト特集コラム】
第1回 プロレベルの肩を持った捕手・フェントン・ライアン(光泉)に注目!【滋賀の高校野球】
光泉vs滋賀学園【滋賀県 2019年夏の大会 第101回選手権滋賀大会】
日野vs甲西【滋賀県 2019年夏の大会 第101回選手権滋賀大会】
第946回 最新テクノロジーの導入と奥川恭伸との出会い 吉田力聖(光泉)が達成したい3つの目標【後編】 【2019年インタビュー】
第946回 進化のカギは貪欲さと責任感!144キロ右腕・吉田力聖(光泉)の転換期【前編】 【2019年インタビュー】
光泉 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
練習会で光った北信越、東海を代表する剛腕4名を徹底分析!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る