高卒2年目・川原陸が147キロを計測。創成館メソッドで1軍を狙う!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.03.26

川原陸

 横浜高校時代は140キロを超える快速球で話題となったドラフト3位ルーキー・及川 雅貴。その1つ上の先輩で、今年が高卒2年目となる川原 陸創成館出身)が復活に向けて着々と歩みを進めている。

 25日のソフトバンクとの2軍戦に登板して、6回から投げて3回1安打無失点。球速も147キロを計測して平田勝男2軍監督が絶賛する内容。1年目は腰の痛みに苦しんでなかなか登板することができず、実戦から遠ざかっていたものの、2年目から本格的に登板してアピールを続ける。

 高校時代は足を上げてからきっちりタメを作っていた川原だが、現在はタメる時間が短くしてスムーズな体重移動をするようになった。また身長186センチの長身の高さを活かして、上から腕を振り下ろして創成館時代以上に、強いボールを投げ込めている印象を受ける。1年間プロのステージで体を作ってきた成果が出ているのではないだろうか。

 創成館は2017年の神宮大会で準優勝を成し遂げたが、その時は好投手を多く揃っていた。当時の育成方法を振り返ると、なりたい投手像など先を見据えた指導や年間を通じた基礎トレーニング。さらに選手それぞれで特長を出すことがベンチ入り、実戦で活躍する条件だった。プロの世界はいろんなタイプの投手がいることを踏まえると、創成館で培ったメソッドは、川原の今後のプロ生活に活きているはずだ。

 川原が大型左腕として2020年は1試合でも多く登板し、経験を積み重ねて1軍登板への道を切り開くことを期待したい。

(文=編集部)

【関連記事】
0勝6敗からの巻き返しへ 京山将弥(近江出身)が4奪三振、無失点で開幕ローテ入りへアピール 【ニュース - 高校野球関連】
OP戦初登板を果たした横浜DeNA・伊勢大夢(九州学院出身) 最速152キロの裏にある“アメリカ流マインドセット” 【ニュース - 高校野球関連】
第30回 「元メジャーリーガー」のポリシーを受け継ぎ 草津リトルシニア(滋賀)が有望株を続々と輩出し続けられる理由【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第2回 「右のエース級獲得を!」スポーツライター・小関順二さんが横浜DeNAのドラフトを予想!【プロ12球団ドラフト分析2019】
第87回 櫻井周斗(横浜DeNAベイスターズ) 清宮を封じた若き剛腕 左腕王国のリリーフエースへ【高校野球コラム】
第1054回 「自分のできることに集中する」規律を重んじるカリビアンスラッガーのルーツ ネフタリ・ソト(横浜DeNAベイスターズ) 【2019年インタビュー】
第193回 ミレニアム世代はそれぞれの道へ!注目選手たちの進路一覧!【ドラフト特集コラム】
第836回 考え方1つで結果は変わる。伊藤裕季也を急成長させた立正大の4年間 【2018年インタビュー】
第715回 ホセ・ロペス(横浜DeNAベイスターズ) 技術のベースを作ったMLB時代。ホームランの打ち方を伝授!【後編】 【2018年インタビュー】
第711回 ホセ・ロペス(横浜DeNAベイスターズ) 「知られざるベネズエラ時代の歩み」【前編】 【2018年インタビュー】
第651回 内川 聖一選手(福岡ソフトバンクホークス)ケガの時期は「プラス要素」に変えられる【後編】 【2018年インタビュー】
第47回 梶谷隆幸(開星~横浜DeNAベイスターズ)野球生命のピンチを乗り越えて【恩師が語るヒーローの高校時代】
京山 将弥(近江) 【選手名鑑】

コメントを投稿する

前の記事:
仙台育英、盛岡大付が初戦突破!【春季東北大会・6日の結果】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る