評価急上昇中の遠藤成(阪神) 高校時代から「実戦派野手」の呼び声高く1年目から試合経験を

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2020.02.04

U-18日本代表での遠藤成(阪神)

 阪神ドラフト4位の遠藤 成東海大相模)の評価が上がっている。
 3日、2軍キャンプに合流するとフリー打撃では強打を発揮し、平田2軍監督もその打撃力を高く評価。持ち前の「元気さ」だけなく、プレーでも存在感を示し始めた。

 高校時代から、スカウトの間では「実戦派野手」の声が上がっていた遠藤。
 身長178cm、体重84kgと屈強な体格を持っており、投手としても最速145キロの速球を投げるなど肩の強さもある。進学かプロ志望届の提出か、進路に迷う中で臨んだU-18日本代表では木製バットも使いこなし、対応力の高さも見せた。

 プロの世界では、これから身体を作っていき「伸びしろ」を見ていくよりは、実戦で経験を積みながら成長していくことが求められてくる。

 打撃フォームは、オープンスタンスで重心を下げてボールを見る形で、早めの始動で立ち遅れをなくす意識が感じられる。
トップからはしっかりと深めにバックスイングをして、体の捻りを入れることで体幹を鋭く回転させることができており、強靭な肉体を活かせる体の使い方ができている。

 シンプルにボールが見られる構えで、高確率でボールをとらえることができるフォームだ。木製バットへの対応力の高さは、こういったところからきているのだろう。

 ドラフト指名後からは、憧れの存在に金本知憲前監督や鳥谷敬の名前を挙げ、三拍子が揃い、怪我にも強い選手を目指す事を掲げる遠藤。
 虎の「万能型プレーヤー」は、1年目の活躍から要注目だ。

(記事=栗崎 祐太朗)


関連記事
「上のレベルで勝負したい」 韓国の地で遠藤成が口にしていたプロへの強い思い
躍動の秘密は「海外型」の打撃フォーム?! 遠藤成(東海大相模)に迫る!
選抜出場校の中学日本代表在籍数は? 大阪桐蔭や東海大相模など人気の背景も考察

【関連記事】
井上、遠藤など昨年の阪神ドラフト指名の高校生5人がはつらつとした活躍! 【ニュース - 高校野球関連】
1本塁打2安打3打点の阪神2位の井上広大の活躍の背景にあった打ち損じしない技術の高さ 【ニュース - 高校野球関連】
第999回 世代屈指の剛腕・高橋(中京大中京)など東日本注目投手16名リスト!【大会展望・総括コラム】
第992回 スラッガー揃いの東海大相模、総合力の桐光学園、ポテンシャルの横浜など神奈川ベスト8の戦力を紹介!【大会展望・総括コラム】
第256回 2020年に注目したい高校生野手カルテット 来田涼斗(明石商)、西川僚祐(東海大相模)、井上朋也(花咲徳栄)、土田龍空(近江)に要注目!【ドラフト特集コラム】
第25回 今年も盛り上がった高校野球!球児が最も見た試合レポートベスト5発表!【レポート編】【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
第24回 U-18代表、2020年ドラフト注目選手が上位独占!2019年人気選手名鑑ランキング!【高校野球ドットコム 人気記事ランキング】
高知vs東海大相模【2019年 練習試合(交流試合)・秋】
健大高崎vs東海大相模【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
東海大相模vs習志野【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
習志野vs前橋育英【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
東海大相模vs駿台甲府【2019年秋の大会 第72回秋季関東大会】
第1055回 最速151キロサイド・伊勢大夢(明治大)が最終学年に覚醒した意識の変化 【2019年インタビュー】
第1041回 遠藤成(東海大相模)の逆転打を生んだ「打撃フォームの修正」 試行錯誤はまだ続く 【2019年インタビュー】
第956回 東京ガス期待のルーキー・楠研次郎!力強いスイングを貫き、上の世界を虎視眈々と狙う 【2019年インタビュー】
第820回 まさかの日本代表選出から始まった超一流投手への道 森下暢仁(明治大) 【2018年インタビュー】
第783回 祖父譲りのプレッシャーの強さ!渡辺佳明(明治大)は厳しい環境でこそ輝く 【2018年インタビュー】
遠藤 成(東海大相模) 【選手名鑑】
東海大相模 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
種市篤暉に山本由伸、2016年ドラフト下位指名から飛躍しているのは?
次の記事:
独立リーグ入りを決めた豪腕・落合秀市(和歌山東)の野球人生を大きく変えた明徳義塾戦
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る