立教大の16勝左腕・田中は大阪ガスへ!両投げ投手・赤塚は海外留学、元浦学エース・江口はJALへ

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.12.03

大阪ガスへ進む田中 誠也(大阪桐蔭出身)

 東京六大学野球連盟に所属する立教大野球部が2019年度の卒業生の進路を発表した。

 硬式野球を継続する選手は以下の通り。
【投手】
田中 誠也大阪桐蔭出身 ⇒大阪ガス)
手塚 周(福島出身 ⇒SUBARU)
【捕手】
藤野 隼大川越東出身⇒Honda)
【内野手】
江藤 勇治東海大菅生出身⇒日立製作所)
笠井 皓介(桐蔭学園出身⇒明治安田生命)
【マネージャー】本郷 佑弥(相模原出身 ⇒明治安田生命)

 選手として硬式野球を継続するのは、5名。東京六大学通算16勝の技巧派左腕・田中 誠也、強打の捕手・藤野 隼大、リーグ戦3本塁打の江藤 勇治も日立製作所で続ける。



浦和学院時代の江口 奨理

 高校時代、完成度の高いピッチングで甲子園4強に導いた江口 奨理浦和学院出身)は硬式野球をやめ、JAL(日本航空)に就職。両投げ投手として注目を浴び、4年秋のリーグ戦初登板4試合を経験した赤塚 瑞樹は海外留学する。

 進路は分かれるが、野球を続ける選手も、野球をやめ、新社会人になる選手も、次のステージでの活躍を期待したい。

(記事=河嶋 宗一

関連記事
赤塚 瑞樹 両投げ投手誕生までの道のり
コントロールで生きる!自身のスタイルを確立させた大阪桐蔭時代 田中誠也(立教大)【前編】
駒大卒部生の進路を公開!U18代表・上野は三菱日立パワーシステムズ、甲子園出場の小川(近江出身)は永平寺へ

【関連記事】
松坂が埼玉西武に復帰して夏の甲子園優勝投手は何人?NPBに在籍している甲子園優勝投手は19名 【ニュース - 高校野球関連】
根尾昂(中日)が福留孝介化?ウインターリーグでどこまで進化を果たせるか? 【ニュース - 高校野球関連】
天理vs大阪桐蔭【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs智辯学園【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
第646回 履正社 悲願の初優勝までの軌跡 好投手に苦しめられた苦節の春【前編】【野球部訪問】
第646回 全国制覇達成も慢心なし 履正社 新チーム始動【後編】【野球部訪問】
大阪桐蔭vs明石商【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs立命館守山【2019年秋の大会 令和元年度 秋季近畿地区高等学校野球大会】
大阪桐蔭vs履正社【大阪府 2019年秋の大会 秋季近畿地区高校野球大会 大阪府予選】
第228回 将来性抜群の大型右腕・佐々木朗希(大船渡)の行き先はパ・リーグか?1位指名球団を予想!【ドラフト特集コラム】
第89回 村上 宗隆(東京ヤクルトスワローズ)高卒2年目・日本人最多本塁打達成!【高校野球コラム】
第54回 U18大会では切り札的な活躍を見せている背番号「11」を背負った歴代の好投手たち【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第1011回 不屈の闘志を胸に 西谷野球の体現者、中川卓也(大阪桐蔭-早大)という男【後編】 【2019年インタビュー】
第1010回 中川卓也(早稲田大)が今、振り返る濃密な1年間 「我が強い」チームとの向き合い方【前編】 【2019年インタビュー】
第981回 研究を重ねてどり着いた回転数の高いストレートと決め球・チェンジアップ 田中誠也(立教大)【後編】 【2019年インタビュー】
第979回 人間的な成長を求めて兵庫を飛び出した強打の核弾頭・森口修矢(神村学園)【前編】 【2019年インタビュー】
第977回 コントロールで生きる!自身のスタイルを確立させた大阪桐蔭時代 田中誠也(立教大)【前編】 【2019年インタビュー】
大阪桐蔭 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
2017年ジャイアンツカップで優勝した佐倉シニアのOBたちの今!関東大会にも9人が出場
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る