山川穂高は西武強打者の証「3」を背負い、史上最強の沖縄県出身スラッガーになれるか?

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.11.25

山川穂高選手

 プロ野球ファンにとっても、プロ球団にとっても、プレイヤーにとっても背番号は重みがある。

 ただの数字ではなく、その番号にふさわしい実力を持った選手がユニフォームが背負う。「18」ならばエース。「22」は捕手というように、西武にとって「3」はこれまでの右の強打者が背負っている。

 西鉄時代含め、背番号「3」を背負った、主な右の強打者(日本人限定)は以下の通りだ。
・土井正博(1975年~1981年)
・清原和博(1986年~1996年)
・中島裕之(2004年~2012年)
浅村 栄斗(2017年~2018年)
そうそうたる顔ぶれである。

 そして新たに3をつけるのが山川穂高(中部商出身)である。山川がほかの4人とは違うのは、40本塁打複数達成。45本塁打以上1回を成し遂げている点である。

 2018年に47本塁打124打点と本塁打王を記録。そして2019年も43本塁打を放ち、2年連続の本塁打王を達成した。

 実績を見れば、背番号3を背負うのにこれ以上ないぐらい相応しい選手であることが分かる。

 強打者の証である「3」を背負い山川穂高はどんな実績を残していくのか。ゆくゆくは史上最強の沖縄県出身スラッガーと呼ばれることを期待したい。

(文=河嶋 宗一

【関連記事】
年俸2億円1千万!山川穂高(埼玉西武)が語るホームラン論とは? 【ニュース - インタビュー】
10年間で11名全員がプロ入り!過去の侍ジャパン大学代表の4番たちを振り返る 【ニュース - コラム】
第237回 10年間で11名全員がプロ入り 侍ジャパン大学代表の4番たち【ドラフト特集コラム】
第3回 山川穂高に東浜巨...小さな島国・沖縄からプロ野球選手を輩出し続けられる理由 vol.3【沖縄の高校野球】
第2回 東浜巨、島袋洋奨、宮城大弥など大人も憧れるヒーローが続々と生まれる沖縄【沖縄の高校野球】
第1回 高校野球が頂点?小さな島国からプロ野球選手を輩出し続ける沖縄の野球vol.1【沖縄の高校野球】
第87回 埼玉西武ライオンズ・山川 穂高2年連続40号の偉業! 過去の達成者と意外な候補【高校野球コラム】
第876回 最速142キロ右腕の最大の武器は安定したメンタル! 國吉 吹(沖縄水産) 【2019年インタビュー】
第871回 上原 忠(沖縄水産)という野球人の生き方【後編】~憧れの師との数奇な運命~ 【2019年インタビュー】
第870回 上原 忠(沖縄水産)という野球人の生き方【前編】~具体的な目標を立て行動した学生時代~ 【2019年インタビュー】
沖縄水産vs中部商【沖縄県 2018年 第45回沖縄県高等学校野球1年生中央大会】
中部商vs与勝【沖縄県 2018年夏の大会 第100回全国高等学校野球選手権記念沖縄大会】
中部商vs真和志【沖縄県 2018年春の大会 春季沖縄県大会】
第621回 山川 穂高(埼玉西武)が語るホームラン論「バットを振る筋力はバットを振ってつけるべき」【後編】 【2017年インタビュー】
第620回 山川 穂高(埼玉西武)が語るホームラン論「強い打球を打てて、確実性が高いフォームを求めよう」【前編】 【2017年インタビュー】
中部商vs開邦【沖縄県 2017年秋の大会 第67回沖縄県高等学校野球秋季大会】
本部vs中部商【沖縄県 2017年夏の大会 第99回選手権沖縄大会】
中部商 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
U-15アジアチャレンジマッチの日本代表選手を総括 未来の山村崇嘉、度会隆輝は誰だ?!
次の記事:
大宮東が最も大事にするのは人間性?それは得点と関係していた!!【後編】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る