大会史上最速144キロをマーク!マエケンの同期・冨田康祐(元横浜DeNA)がマスターズ甲子園でMIP賞を獲得!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.11.09

冨田康祐

 11月9日に開催された第16回マスターズ甲子園2019。各地の予選を勝ち抜いた精鋭16校が高校野球の聖地・甲子園に一堂に集結した。その学校の中にはかつて高校野球でトップに君臨したPL学園がいた。

 OB会長に今年から就任し、名実ともに野球界でトップにいる名選手・桑田 真澄氏をはじめとする往年のスター選手たちが参加したが、その中で利根商戦の先発のマウンドにあがったのが冨田康祐選手だ。

 1988年生まれで前田 健太と同級生の冨田は、PL学園卒業後は青山学院大に進むも途中から独立リーグの、四国アイランドリーグplusの香川オリーブガイナースに入団。2011年のドラフトで横浜DeNAベイスターズに育成1位で入団。2014年までプレーするが、その後はアメリカやメキシコに渡るも2016年に現役を引退。

 現在は社会人として仕事をしている冨田。試合前はリラックスムードでアップをしているように見えたが、久しぶりの甲子園について聞くと、「緊張感が全然違いますね」と気持ちが高ぶっていたことを話す。

 その冨田は先頭バッターを四球で歩かせたことを皮切りに失点。「今日の試合で点数を取られたのは僕だけだったので悔しいですね」と少し残念そうに試合を振り返った。
 それでも大会史上最速となる144キロをマークし、甲子園に訪れたファンをどよめかせた。こうしたピッチングが認められ、初日のMIP賞(もっとも優れた投手に贈られる賞)を受賞。「投げている時は必死でした(笑)」と言いながらも甲子園に駆け付けたスタンドの野球ファンに、強い印象を残してくれた。

 甲子園のマウンドに立てて「これだけ大きな球場で投げることはないので、そういった面ではいい緊張感で投げられたと思います」と振り返った冨田。現在は母校の野球部は休部状態だが、当時のことを振り返ってもらうと感謝の言葉を口にした。

 「3年間はとても厳しい練習でしたし、上下関係も厳しかったです。けど、こうやってOBが集まったときにみんなで野球を楽しくできるのは素晴らしいことだなと思います。
 またPLでの厳しい3年間が合ったおかげで、社会人になっても礼儀とかそういった面で、周りの方からは『素晴らしいね』と言っていただけることもあるので、素晴らしい3年間だったと思います」

 野球の第一線を退いた冨田だが、高校野球3年間で培ったPLの魂は、社会の第一線で必ず活かされるはずだ。

(取材=田中 裕毅)

【関連記事】
平石前楽天監督がソフトバンクへ 最近話題のPL学園高校OBたち 【ニュース - 高校野球関連】
2安打1打点2得点で勝利に貢献!元日本生命の名手・山本真也(PL学園)がユニフォームへの思い入れを語る! 【ニュース - 高校野球関連】
第1080回 桑田真澄(PL学園) PLに大きく育ててもらい、そして甲子園でさらに大きく育ててもらった 【2019年インタビュー】
第12回 世界トップレベルの剛腕・佐々木朗希(大船渡)の投球は誰もがワクワクするロマンが詰まっている【2019年 第29回 WBSC U-18 ワールドカップ】
第202回 【BIG5特集】西純矢(創志学園) 厳しいマークを乗り越え、昨年より進化したピッチングを【ドラフト特集コラム】
第945回 自省を繰り返し、高クオリティな速球派右腕へ 岩本大地(石岡一)【前編】 【2019年インタビュー】
第950回 メジャーリーガーが全幅の信頼を寄せるウイルソン米国本社マスタ-クラフトマン 麻生茂明氏【前編】 【2019年インタビュー】
第958回 今年がラストチャンス!並々ならぬ決意で臨むPL戦士・中山悠輝(東京ガス) 【2019年インタビュー】
第882回 日本テレビ・上重聡アナウンサーが語った「松坂世代」と「未来の高校野球」への思い 【2019年インタビュー】
第538回 爆発力で勝ち取ったベスト8!チームの意識を変えて挑んだ岩倉(東京)【前編】【野球部訪問】
第29回 高校野球を彩った名選手たちを振り返る!【後編】(1990年代後半~2010年代後半)【高校野球ヒストリー】
第27回 駒大苫小牧が田中将大で、大会3連覇を果たすかという中で注目されていた年【高校野球ヒストリー】
東大阪大柏原vsPL学園【大阪府 2016年夏の大会 第98回選手権大阪大会】
大体大浪商vsPL学園【大阪府 2015年夏の大会 第97回選手権大阪大会】
PL学園vs城東工科【大阪府 2015年夏の大会 第97回選手権大阪大会】
PL学園vs上宮太子【大阪府 2015年夏の大会 第97回選手権大阪大会】
大阪桐蔭vsPL学園【大阪府 2015年春の大会 平成27年度春季近畿地区高校野球大阪府予選】
桑田 真澄(PL学園) 【選手名鑑】
前田 健太(PL学園) 【選手名鑑】
PL学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
【21世紀枠推薦校】プロレスラーの棚橋弘至さんの母校の大垣西(岐阜)が県3位で21世紀推薦校選出!
次の記事:
神村学園がコールド勝ちで決勝へ!準決勝2試合を徹底レポート!【MBC旗1年生大会】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る