巨人の一軍野手総合コーチに就任した石井琢朗氏はドラフト外入団組

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.10.30

 10月29日、巨人が来シーズンの組閣を発表した。4年ぶりの復帰となった原辰徳監督はもちろん続投。その参謀役となるヘッドコーチには元木大介内野守備兼打撃コーチが配置転換され就任する。

 また、今シーズン限りで現役を引退した阿部慎之助が、二軍監督のポストに就いた。将来の一軍監督へ向け、まずは二軍で指揮を執る。その他にも二岡智宏氏や山口鉄也氏といった巨人を支えてきたメンバーが集結。セ・リーグ2連覇へ向け、そして日本一奪回へ向けて動き出した。

 そのなかで注目されるのが、一軍野手総合コーチに就任した石井琢朗氏だ。石井氏は広島とヤクルトで打撃コーチとして実績を残し、今シーズン限りでヤクルトを退団。その手腕には定評があり、来シーズンの去就が注目されていた。現役を引退してから3球団目のコーチ職ということからも、評価の高さはうかがいしれる。

 石井氏は1988年に足利工業高校から大洋(現・DeNA)に投手として入団。プロ入り後に野手へ転向し、通算2432安打を記録した名選手でもある。その石井氏はドラフトで指名されておらず、ドラフト外での入団だったことでもよく知られている。



来季より巨人の一軍野手総合コーチに就任する石井琢朗

 現在は認められていないドラフト外での入団からは、石井氏以外にも多くの名選手を生んできた。投手では江本孟紀氏(東映/現・日本ハム)や西本聖氏(巨人)、大野豊氏(広島)といった時代を作った選手たちがドラフト外入団だ。野手では石井氏をはじめ、平野謙氏(中日)や松永浩美氏(阪急)らが名を連ねる。

 その他にも栗山英樹日本ハム監督や秋山幸二元ソフトバンク監督といった、NPBの監督経験者もドラフト外での入団である。

 1990年にドラフト外での入団は廃止されており、2019年シーズンにおいてドラフト外での入団選手はひとりもいない。2012年に現役を引退した石井氏は、最後の現役ドラフト外入団選手でもあった。

 1970年生まれの石井氏は来シーズン中に50歳となる。健康体であれば、これから先もまだまだ首脳陣としてポストは引く手数多だろう。ドラフト外入団最後の「現役選手」が、ドラフト外入団最後の「首脳陣」となる可能性も十分にありそうだ。

文=勝田 聡

【関連記事】
石川慎吾(巨人)らが出場!2011年に甲子園初出場を成し遂げた東大阪大柏原ナインのその後を紹介 【ニュース - 高校野球関連】
出塁率は岡本和真に次ぐチーム2位! 中島宏之のドラフト同期は? 【ニュース - 高校野球関連】
第1174回 巨人期待のシンデレラボーイ・戸郷翔征(聖心ウルスラ出身)。大エースの学びを実践し、二桁勝利を狙う 【2020年インタビュー】
第267回 巨人期待のホープ・湯浅大はなぜ指名に至ったのか 元巨人編成部が語るドラフト指名秘話【ドラフト特集コラム】
第266回 村上宗隆を獲得できていれば巨人の未来はどうなった?巨人のスコアラー・編成部に関わった三井康浩さんが2017年ドラフトを振り返る【ドラフト特集コラム】
第265回 「獲得すれば、10年は間違いない」巨人のスコアラー・編成部に関わった三井康浩さんが語る小林誠司獲得秘話【ドラフト特集コラム】
第243回 巨人のスコアラー・編成部に関わった三井康浩さんが語るドラフト秘話 岡本和真はなぜ1位になったのか?【ドラフト特集コラム】
第1004回 2020年の東東京の勢力図、新鋭を徹底紹介!【大会展望・総括コラム】
第1102回 目指せ世代ナンバーワン左腕&辻内崇伸超え!大型左腕・松浦慶斗(大阪桐蔭)の育成計画【後編】 【2020年インタビュー】
第949回 「3年間で5回甲子園に出場したい」 目指すは高卒ドラ1でプロ入り! 中森俊介(明石商)【後編】 【2019年インタビュー】
第855回 名打撃コーチ・石井琢朗が高校球児へメッセージ「自分がなりたい打者像を見つけよう!」【後編】 【2018年インタビュー】
第851回 3年連続チーム打率1位!名打撃コーチ・石井琢朗が語る「振る力の重要性」【前編】 【2018年インタビュー】
茅ケ崎西浜vs鶴見大付【神奈川県 2010年夏の大会 第92回神奈川大会】
上原浩治のピッチング・メソッド

コメントを投稿する

前の記事:
智辯和歌山の6季連続甲子園はどうなるか?秋の勝ち上がりを見直す!
次の記事:
神村学園3年生が甲子園で感じたこととは?そして後輩たちへ送ったエールとは?【後編】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る