本日、九州大会決勝 明豊と大分商の史上初の大分県勢対決に

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.10.24

明豊の中心打者・布施心海

 秋季九州大会決勝は、史上初の大分県同士の対決となった。

 明豊は1回戦の唐津商戦では、最大7点差をひっくり返し20対14で勝ち上がり、準々決勝の沖縄尚学戦でも7対6と接戦を競り勝った。そして準決勝の創成館戦でも、最終回に二死から勝ち越しに成功して3対2で勝利。ここまでは痺れるような接戦をモノにして勝ち上がってきた。

 対する大分商も、最速147キロの大分商のエース・川瀬 堅斗が、2失点完投で福岡県1位の福岡第一を撃破すると、準決勝の鹿児島城西戦でも3連投とな川瀬が粘投。6対3で鹿児島城西を下し、チームを秋23年ぶりの九州大会決勝に進出した。

 これで決勝戦は、史上初の大分県勢対決となった。明豊大分商は秋季大分大会決勝でも対戦しており、その時は16‐8で明豊が勝利している。どちらが秋の九州王者に輝くのか注目だ。

■日程詳細・応援メッセージ
第145回 九州地区高等学校野球大会

◇24日の試合予定

【関連記事】
選抜出場候補131校決まる 【ニュース - 高校野球関連】
2020年・第92回センバツ出場候補・スケジュール一覧 【ニュース - 高校野球関連】
第3回 名門、公立勢の巻き返しに注目!2020年の鹿児島県高校野球をズバリ占う【鹿児島の高校野球】
第2回 大きく『変』わった1年だった 2019年の鹿児島県高校野球を漢字1文字で総括!【鹿児島の高校野球】
第4回 劇的な勝利に沸いた2試合 鹿児島ベストゲーム2019【鹿児島の高校野球】
第1回 新時代の幕開けを予感させた鹿児島!2019年の3大高校野球ニュースを発表!【鹿児島の高校野球】
第1回 自信と課題を見つけた秋 沖縄尚学はすべてでベストを尽くし、さらなる高みを目指す冬へ!【冬が僕らを強くする2020】
健大高崎vs明豊【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
明豊vs大分商【2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会】
明豊vs創成館【2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会】
鹿児島実vs鹿児島城西【鹿児島県 2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
第1034回 笠谷俊介に柳裕也、ドラ1候補・森下暢仁(明治大)のプロ入りへの意思を明確にした類まれな環境 【2019年インタビュー】
第1010回 中川卓也(早稲田大)が今、振り返る濃密な1年間 「我が強い」チームとの向き合い方【前編】 【2019年インタビュー】
第997回 頭脳+148キロを加えた高次元のピッチングで甲子園に導く! 鈴木寛人(霞ヶ浦)【後編】 【2019年インタビュー】
第995回 プロ入りした先輩も実践。霞ヶ浦メソッドで素質を開花させた大型右腕 鈴木寛人(霞ヶ浦)【前編】 【2019年インタビュー】
第953回 東京大相手に20奪三振の圧巻劇!明治大エース・森下暢仁は熱さの中に冷静さを持ち合わせていた 【2019年インタビュー】
大分商vs鹿児島城西【2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会】
川瀬 堅斗(大分商) 【選手名鑑】
大分商 【高校別データ】
鹿児島城西 【高校別データ】
創成館 【高校別データ】
明豊 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
【前編】履正社初の全国優勝の立役者・岩崎峻典の飛躍の原動力とは?
次の記事:
決勝は25日へ順延!九州大会決勝は雨天順延となる【秋季九州大会】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る