本日、九州大会決勝 明豊と大分商の史上初の大分県勢対決に

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.10.24

明豊の中心打者・布施心海

 秋季九州大会決勝は、史上初の大分県同士の対決となった。

 明豊は1回戦の唐津商戦では、最大7点差をひっくり返し20対14で勝ち上がり、準々決勝の沖縄尚学戦でも7対6と接戦を競り勝った。そして準決勝の創成館戦でも、最終回に二死から勝ち越しに成功して3対2で勝利。ここまでは痺れるような接戦をモノにして勝ち上がってきた。

 対する大分商も、最速147キロの大分商のエース・川瀬 堅斗が、2失点完投で福岡県1位の福岡第一を撃破すると、準決勝の鹿児島城西戦でも3連投とな川瀬が粘投。6対3で鹿児島城西を下し、チームを秋23年ぶりの九州大会決勝に進出した。

 これで決勝戦は、史上初の大分県勢対決となった。明豊大分商は秋季大分大会決勝でも対戦しており、その時は16‐8で明豊が勝利している。どちらが秋の九州王者に輝くのか注目だ。

■日程詳細・応援メッセージ
第145回 九州地区高等学校野球大会

◇24日の試合予定

【関連記事】
来春選抜32校を独断で予想!第1弾 【ニュース - 高校野球関連】
明豊の主将にしてエース!若杉晟汰が2度の全国の舞台で成長できたこと、そして課題 【ニュース - 高校野球関連】
健大高崎vs明豊【2019年 第五十回記念 明治神宮野球大会】
第10回 明豊高等学校(大分・九州沖縄地区代表)「今年の九州地区大本命!最強打撃陣&潜在能力が高い投手陣をかみ合わせて頂点を狙う」【第50回記念 明治神宮野球大会 チーム紹介】
第985回 【明治神宮大会】今年の明治神宮大会は打高投低?それでもポテンシャル、評価は高い14人の投手たち【大会展望・総括コラム】
明豊vs大分商【2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会】
明豊vs創成館【2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会】
第239回 中森俊介、篠木健太郎を筆頭にオリンピックイヤーをけん引する40人の好投手たち【ドラフト特集コラム】
鹿児島実vs鹿児島城西【鹿児島県 2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会鹿児島県予選】
第1034回 笠谷俊介に柳裕也、ドラ1候補・森下暢仁(明治大)のプロ入りへの意思を明確にした類まれな環境 【2019年インタビュー】
第969回 神村学園軸に優勝争い? レベルの高い上位争いに期待【秋季鹿児島県大会 展望】【大会展望・総括コラム】
第223回 森木、笹倉、徳丸など地方大会で躍動した23名のスーパー1年生たち【ドラフト特集コラム】
第1010回 中川卓也(早稲田大)が今、振り返る濃密な1年間 「我が強い」チームとの向き合い方【前編】 【2019年インタビュー】
第997回 頭脳+148キロを加えた高次元のピッチングで甲子園に導く! 鈴木寛人(霞ヶ浦)【後編】 【2019年インタビュー】
第995回 プロ入りした先輩も実践。霞ヶ浦メソッドで素質を開花させた大型右腕 鈴木寛人(霞ヶ浦)【前編】 【2019年インタビュー】
第953回 東京大相手に20奪三振の圧巻劇!明治大エース・森下暢仁は熱さの中に冷静さを持ち合わせていた 【2019年インタビュー】
大分商vs鹿児島城西【2019年秋の大会 第145回九州地区高等学校野球大会】
川瀬 堅斗(大分商) 【選手名鑑】
大分商 【高校別データ】
鹿児島城西 【高校別データ】
創成館 【高校別データ】
明豊 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
【インタビュー】埼玉西武ライオンズ 菊池 雄星投手 「剛腕左腕復活の1年」
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る