【ドラフト総括・中日ドラゴンズ】 将来の4番候補・石川に、ロマン溢れる速球派を獲得

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.10.18

 10月17日、2019年プロ野球ドラフト会議が行われ、総勢107名(支配下74名、育成33名)が指名を受けた。そこで、高校野球ドットコムでは各球団のドラフトについて、主に高卒選手にスポットを当て、ドラフト指名を総括したい。第3回は中日ドラゴンズ。


セ・リーグ

中日ドラゴンズ
1位 石川 昂弥東邦
2位 橋本 侑樹(大阪商業大学)
3位 岡野 祐一郎(東芝)
4位 郡司 裕也(慶応大)
5位 岡林 勇希菰野
6位 竹内 龍臣札幌創成

  2年続けて与田監督の引きの強さがさく裂した。野手では唯一1位入札で競合したのが石川 昂弥東邦)だったが、オリックス、ソフトバンクとの抽選の末、見事に引き当てた。高校通算55本塁打というだけでなく、U-18では木製バットへの対応も見せつけるなど、名実ともに高校No.1スラッガーだ。まずはプロの速球、変化球に対応できる実力を身に着け、4年後、5年後に竜の主砲へと成長していきたい。

 5位ではこれも地元・東海地区の剛腕・岡林 勇希菰野)を獲得。投げてはMAX153キロ、打っては高校通算20本塁打超えと、投打に高い野球センスを見せる選手だ。持ち味の速球に磨きをかけ、まずはファームのローテーションをつかみ取り、3年後のデビューを期待したい。

 6位指名の竹内 龍臣札幌創成)は、MAX147キロのストレートが魅力。全国的な実績はないが、2年秋以降に急速に力をつけてきた伸び盛りの投手だ。プロで戦える土台を作り、ファームでの出場機会を掴み取りたい。

 2位~4位では即戦力候補の大学生・社会人を獲得し、全体的にバランスの取れた指名だった中日。2年連続でドラフトの目玉を獲得し、数年後の躍進がより楽しみなドラフトとなった。

記事:林龍也

【関連記事】
プロ11年目・山下斐紹(習志野出身)は2軍キャンプへ。育成から再び1軍を目指す 【ニュース - 高校野球関連】
【巨人】大卒ドラ1投手で甲子園出場経験のある投手は何人いる? 【ニュース - 高校野球関連】
第285回 2021年ドラフト候補 高校生期待度ランキング30 投手大豊作の世代で1位になったのは…? 【ドラフト特集コラム】
第283回 来年の世代屈指の大型左腕候補・久野悠斗(報徳学園)を要チェック!【ドラフト特集コラム】
第151回 「まるで打球音が違った」ミスタードラゴンズの道を突き進む高橋周平(東海大甲府出身)の高校時代【恩師が語るヒーローの高校時代】
第283回 スラッガー、守備職人、好捕手ズラリ。2021年ドラフト注目野手リスト33名【ドラフト特集コラム】
第280回 今年も関西地区に好投手が続出!2021年度注目の高校生投手リスト21名【西日本編】【ドラフト特集コラム】
第1271回 指揮官も絶賛する高校通算32本塁打・土井翔太(郡山)が近畿大会で得た経験【後編】 【2020年インタビュー】
第1100回 東都三部に潜む153キロ右腕・近久輝(東農大)の成長の原点は高校時代のコーチがあったから【後編】 【2020年インタビュー】
第1099回 藤嶋の陰に隠れて、プロ注目の153キロ右腕となった近久輝(東農大)。劣等感を抱えていた東邦時代【前編】 【2020年インタビュー】
第1271回 奈良にいた強肩強打の逸材!通算32本塁打・土井翔太(郡山)の土台は中学時代にあった!【前編】 【2020年インタビュー】
第1270回 木製バットでも長打は健在!高校通算50本塁打のスラッガー・井上朋也(花咲徳栄)が目指すは「3割、30本塁打のスラッガー」 【2020年インタビュー】

コメントを投稿する

次の記事:
2010年高校生ナンバーワン捕手として騒がれた山下斐紹(習志野出身)が戦力外に
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る