筑陽学園の捕手・進藤勇也の全国トップクラスの強肩とフレーミング技術に注目!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.08.11

キャッチャーとして高い能力を見せる進藤勇也(筑陽学園)

  二季連続の筑陽学園の扇の要として活躍する進藤 勇也。まず注目したいのは盗塁を2つ刺したスローイングだ。イニング間のスローイングでは脅威の1.8秒台を計測。捕球してから投げるまでのステップに無駄がなく、ほぼ二塁ベース上に伸びていく球筋は素晴らしい。

 また、フレーミング技術も巧み。特に外角ぎりぎりのボールに対し、ミットを体の中心に寄せて、捕球する直前に一瞬だけ動かす。捕球して大きくずらすミットずらしではないので、高校生としてはかなりの技術である。

 守備力は超高校級の進藤。攻撃が得意な作新学院に先制されながらも粘り強く戦うことができているのは、間違いなく進藤の守備力による部分が大きいだろう。

【関連記事】
夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧 【ニュース - コラム】
第268回 夏の代替大会が開催されることを願って…。全国のドラフト・注目野手リスト一覧【ドラフト特集コラム】
膳所、八幡商、彦根東など滋賀をリードしてきた伝統公立校たち 【ニュース - 高校野球関連】
第9回 夏優勝2回、9年連続甲子園出場の栃木の王者・作新学院の戦績・卒業生の進路を紹介!【データブック】
第1141回 投手として開花しつつある入江大生(明治大)。一発勝負のリーグ戦でドラフト上位へ躍り出るか? 【2020年インタビュー】
第1141回 一塁コンバートから始まった甲子園3試合連続本塁打。入江大生(明治大)が振り返る作新学院時代の思い出 【2020年インタビュー】
第1141回 2016年甲子園優勝メンバー・入江大生(作新学院出身)を変えた3年春の県大会 【2020年インタビュー】
第6回 昭和の時代に北関東で躍進した工業校 前橋工(群馬)、宇都宮工(栃木)【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第5回 山陽道でそれぞれの時代を形成してきた岡山東商、広島商、宇部商【高校野球の時代を作った商業校、工業校】
第13回 2020年の沖縄県高校野球を占う 気になる名将四天王の采配と勢力図を予想【沖縄の高校野球】
第1073回 岐阜を代表する二刀流・元 謙太(中京学院大中京)。来季は同世代の投手に負けないピッチングを目指す! 【2019年インタビュー】
履正社vs作新学院【2019年 第74回国民体育大会 いきいき茨城ゆめ国体】
第1052回 目指すはナンバーワン野手。さらにレベルアップし、来年も日本代表へ 横山陽樹(作新学院) 【2019年インタビュー】
中京学院大中京vs作新学院【第101回全国高等学校野球選手権大会】
作新学院vs岡山学芸館【第101回全国高等学校野球選手権大会】
作新学院vs筑陽学園【第101回全国高等学校野球選手権大会】
東邦vs筑陽学園【第91回選抜高等学校野球大会】
作新学院 【高校別データ】
筑陽学園 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
選手主体の練習で強豪を破れ!東北学院(宮城)の冬トレは、夏をイメージしながら!
次の記事:
最速150キロデビューの及川雅貴(横浜出身)!高校時代から進化したポイントと今後の課題
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る