星稜が3季連続優勝!奥川が1失点完投勝利!【春季北信越大会】

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.06.04

好投をした奥川恭伸(星稜) ※写真は砺波工戦から
 

星稜が3季連続優勝!奥川が1失点完投勝利!【春季北信越大会】

 北信越大会は4日、決勝戦、星稜敦賀気比富山市民球場アルペンスタジアムにて行われた。

投手戦となった決勝戦は、敦賀気比が4回に先制するも、終盤7回、星稜が有松和輝の走者一掃の3点タイムリーで逆転し、そのまま逃げ切った。エース奥川 恭伸は最速150㎞、11奪三振の好投で完投勝利。星稜が北信越大会3季連続優勝を果たした。 

■開催期間:2019年6月1日~6月4日(予定)
■試合日程・応援メッセージ
2019年度春季北信越地区高等学校野球大会

◇6月4日の試合結果

第140回 北信越高等学校野球大会
決勝 星稜   3  -  1   敦賀気比 富山市民球場アルペンスタジアム 応援メッセージ (1)
【関連記事】
第54回 ベスト4で唯一、完投なし。なぜ中京学院大中京は3人以上の継投をするチームになったのか?【101回大会特集】
星稜が9対0で中京学院大中京を圧倒!24年ぶりの決勝進出!! 【ニュース - 高校野球関連】
星稜・奥川恭伸の快投は続く!6回まで9奪三振、無四球、無失点。最速も153キロ! 【ニュース - 高校野球関連】
第950回 【準決勝展望】明石商vs履正社 中京学院大中京vs星稜の2試合は終盤まで見逃せない!【大会展望・総括コラム】
第52回 新星スラッガー・今井秀輔(星稜)が誕生!今井の覚醒はここから始まる【101回大会特集】
星稜vs仙台育英【第101回全国高等学校野球選手権大会】
星稜vs智辯和歌山【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第45回 記録にも記憶にも残る奥川恭伸のピッチング。奥川は伝説の投手になった【101回大会特集】
仙台育英vs敦賀気比【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第960回 第1試合から第4試合まですべて激戦!展開が読めない準々決勝4試合の見所【大会展望・総括コラム】
敦賀気比vs國學院久我山【第101回全国高等学校野球選手権大会】
星稜vs立命館宇治【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第1024回 奥川恭伸(星稜)高校最後の甲子園へ想いを語る 「今までやってきたことを全て出し切る」 【2019年インタビュー】
第1006回 コントロールで生きる!自身のスタイルを確立させた大阪桐蔭時代 田中誠也(立教大)【前編】 【2019年インタビュー】
第912回 貪欲な強肩強打捕手・石崎聖太郎(春日部共栄)「同世代のキャッチャーに負けたくない!」 【2019年インタビュー】
第861回 高次元なピッチングは理解力の高さから生まれる!奥川恭伸(星稜)【後編】 【2019年インタビュー】
第860回 世代ナンバーワンピッチャー・奥川恭伸(星稜)は野球頭も一流だった【前編】 【2019年インタビュー】
星稜 【高校別データ】
敦賀気比 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
栗山功選手(埼玉西武ライオンズ)に聞く!野球用具の選び方
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る