平沢、佐藤世那と同期!青木 玲磨(仙台育英出身)が栃木ゴールデンブレーブスへ!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2019.02.11

左から平沢 大河、青木 玲磨、佐藤 世那

 2月9日、独立リーグ・ルートインBCリーグと四国ILplusは合同でトライアウトを開催。両リーグ併せてドラフト指名・特別合格を合わせて22名が独立リーグの世界に進む。

 その中で気になった合格選手を紹介したい。2人目は栃木ゴールデンブレーブスに特別合格となった青木 玲磨仙台育英-TDK)だ。青木は高校時代、強打の2番打者として2015年夏、甲子園準優勝に貢献した。バットコントロールも高く、脚力も高く、センターの守備も素晴らしく、玄人受けする選手だった。その後、TDKに進んで試合にも出場していた。

 2015年の仙台育英ナインで、NPB・独立リーグに進んだ選手は平沢 大河(千葉ロッテ)、佐藤 世那(元オリックス-横浜球友クラブ)に次いで3人目だ。

 小山市立豊田中出身の青木は地元でのプレーを選択し、NPB入りへ向けて、必死のアピールをシーズンインからしていきたい。

 NPB入りを実現し、2015年の仙台育英は高校を卒業しても凄かったと証明してほしい。

【関連記事】
三連覇を狙った最後の夏は決勝で敗退 それでも「興南に来て、本当に良かったな」興南高校三年生座談会【後編】 【ニュース - コラム】
第616回 「興南に来て、本当に良かった」人生のスコアボードは、まだまだ続く 興南高校三年生座談会【後編】【野球部訪問】
「この夏一番良い試合だった」興南高校主力選手が語る沖縄大会決勝・沖縄尚学戦 【ニュース - コラム】
第615回 「色褪せない3年間の記憶」一番良いゲームだった沖縄尚学戦 興南高校三年生座談会【野球部訪問】
第964回 【第101回選手権大会総括】星稜vs智辯和歌山で炙り出された今大会の象徴【大会展望・総括コラム】
第62回 令和最初の甲子園は履正社が優勝!ベストナインを発表!【101回大会特集】
星稜vs仙台育英【第101回全国高等学校野球選手権大会】
仙台育英vs敦賀気比【第101回全国高等学校野球選手権大会】
第960回 第1試合から第4試合まですべて激戦!展開が読めない準々決勝4試合の見所【大会展望・総括コラム】
仙台育英vs鳴門【第101回全国高等学校野球選手権大会】
仙台育英vs飯山【第101回全国高等学校野球選手権大会】
仙台育英vs東日本国際大昌平【2019年春の大会 第66回東北地区高等学校野球大会】
第865回 甲子園の「花」になる!144キロ右腕・伊藤樹(秀光中等教育)が見据える一流への道 【2019年インタビュー】
第863回 最速147キロサウスポー・笹倉世凪(秀光中等教育)が明かした球速アップの秘密 【2019年インタビュー】
第604回 西巻 賢二(仙台育英)「宮城での6年間は最高だった。憧れるような選手になりたい」 【2017年インタビュー】
第603回 長谷川 拓帆(仙台育英)「目標とされる野球人になりたい」 【2017年インタビュー】
第596回 馬場 皐輔(仙台大)「高い意識と確かな積み上げで、大学球界を代表する剛腕へ」 【2017年インタビュー】
青木 玲磨(仙台育英) 【選手名鑑】
仙台育英 【高校別データ】

コメントを投稿する

前の記事:
プロ入りを見据える上野響平(京都国際)がお手本にしている格好の教材とは【後編】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る