金足農、花咲徳栄などが勝利!4日目の結果をトーナメント表でチェック!

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.08.08

第100回全国高等学校野球選手権記念大会

開催球場:阪神甲子園球場
応援メッセージ
■開催期間 2018年(平成30年)8月5日(土)~17日間(雨天順延、準々決勝翌日の休養日1日を含む)
出場校56校

 第一試合の日南学園丸亀城西の一戦は、息詰まる試合となった。しかしチャンスを逃さなかった日南学園丸亀城西を2対0で下して2回戦に駒を進めた。続く第二試合は、金足農鹿児島実の試合。金足農吉田 輝星の粘りのピッチングと打線が噛み合い、5対1で金足農が勝利した。

 第三試合の大垣日大東海大星翔の試合は、序盤リードを許すもホームラン3本などで9点を奪った大垣日大が2回戦に駒を進めた。そして第四試合は、夏連覇を目指す花咲徳栄が登場。鳴門との初戦だったが、序盤は鳴門リードを許して苦しい展開に。だが8回に逆転に成功してそのまま逃げ切り。夏連覇に向けて花咲徳栄鳴門相手に辛くも勝利を手にした。

【関連記事】
第781回 2019年はリベンジへ。アジア大会で出た課題を検証「特定の投手に固執した投手起用、そして需要高まる二刀流」【大会展望・総括コラム】
第780回 2019年はリベンジへ。アジア大会で出た課題を検証「選考基準を再考する」【大会展望・総括コラム】
今夜、宿敵・韓国と激突!韓国の見所を徹底分析!! 【ニュース - コラム】
第772回 宿敵・韓国と対戦!韓国の長所・短所を徹底分析!!【大会展望・総括コラム】
ユニフォーム裏話!健大高崎や前橋育英のユニフォームの秘密を明かす! 【ニュース - コラム】
第3回 「やっぱり漢字がいいね」の一声で変わった強豪校のユニフォームデザイン  【「奥深い高校野球談議」ライター・手束仁×副編集長・河嶋宗一 】
第771回 2017~2018シーズン高校野球振り返り(徳島・高知編) 「復活への胎動」徳島県、「戦国時代、序章へ」高知県【大会展望・総括コラム】
第520回 国吉 大陸さん(興南出身)「一戦必勝の末に掴んだ紫紺の優勝旗」 【2017年インタビュー】
第519回 国吉 大陸さん(興南出身)「春夏連覇を達成した甲子園を今、振り返る」 【2017年インタビュー】
遠軽高校甲子園壮行交流戦【2013年 第85回選抜高校野球 大会前強化練習試合】

コメントを投稿する

前の記事:
宇部鴻城、2回までに11得点で熊毛南を下し優勝!【山口秋季大会・27日の結果】
次の記事:
西武台千葉、東京学館浦安が勝利!【秋季千葉県大会】
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る