プロで活躍するOBに吉報を! 福岡県は南北ともに夏の甲子園初出場

印刷する このエントリーをはてなブックマークに追加   
2018.08.09

記念すべき初出場は6校

出場校紹介 横浜(神奈川)

第100回全国高校野球選手権大会が8月5日から始まった。記念大会ということもあり、史上最多の56校が甲子園に集結。8月21日(雨天順延の可能性あり)の決勝まで日々、熱い戦いを繰り広げてくれるだろう。

 今大会には34回目の出場となる龍谷大平安(京都)や同27回目の仙台育英(宮城県)といった常連の学校に混じり、初めて夏の甲子園にやってきた学校もある。中央学院(西千葉)、白山(三重)、明石商(西兵庫)、奈良大附(奈良)、折尾愛真(北福岡)、沖学園(南福岡)の6校だ。

 ここで注目したいのは今大会で初めて南北の2代表制となった福岡県だ。福岡県といえば古くは1947年・48年に小倉(47年は小倉中)を達成し、その後も三池工(1965年)、西日本短大附(1992年)が夏の甲子園を制している。近年は優勝から遠ざかっているものの、多くのプロ野球園手を輩出しており、野球が盛んな県のひとつでもある。その激戦区を南北ともに初出場校が勝ち上がってきたのである。

福岡の初出場校出身のプロ野球選手は?

 さて強豪校の多い福岡県において甲子園初出場となった折尾愛真沖学園だが、両校のOBにもプロ野球選手は存在する。

 折尾愛真出身で唯一となっているプロ野球選手は小野 泰己(阪神)だ。小野は高校時代に甲子園だけでなく九州大会への出場もなかったが、スカウトからの注目度は高くプロ志望届を提出していた。

 惜しくも指名はなかったが、富士大を経て2016年に阪神からドラフト2位で指名されプロ入りをはたした。今シーズンは先発ローテーションの一角としてすでに5勝をマーク。ここからも勝ち星を積み重ねたいところだ。

 

 もう一方の沖学園からはドラフト制以後5人がプロ入りを果たしている。そのなかで唯一の現役選手が久保裕也(楽天)だ。久保は同校卒業後に東海大を経て2002年に巨人へと入団。その後、DeNAを経て昨シーズンからは楽天でプレーしている。

 

 血行障害もあり今シーズンは育成契約だったが、5月に入り支配下規約を勝ち取った。8月1日には自身7年ぶりのセーブも記録しており、38歳ながらまだまだ元気だ。20歳下の後輩たちに負けじと投げ続ける。

 

 大阪桐蔭横浜といった甲子園の常連校だけではなく、全国的には無名の高校からもプロ野球選手は輩出されているのだ。今大会でもアッと驚く高校に未来のプロ野球選手が隠れているかもしれない。

 ※数字は2018年8月8日終了時点

(文:勝田 聡)

【関連記事】
俳優・吉村卓也が2019年注目の投手を語る! 【ニュース - コラム】
第22回 俳優・吉村卓也が紹介!ズバリ!!2019年に活躍が期待される1、2年生!【俳優・吉村卓也連載コラム!スターを見つけ出せ!】
名門・習志野からロッテへ入団!意識改革が古谷拓郎をプロへと導いた 【ニュース - インタビュー】
第851回 今度は自分が憧れの存在に 意識改革でプロの道を切り開いた古谷拓郎(習志野)【後編】 【2018年インタビュー】
第16回 「勝利」と「育成」の両立を続けるリトルシニアの名門!世田谷西リトルシニアに迫る【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第847回 「綺麗さ」と「力強さ」を兼ね備えた投手へ!古谷拓郎(習志野)の優先課題は「体づくり」【前編】 【2018年インタビュー】
第15回 技術よりも人間としての在り方を大切にする!浅間大基を輩出した新宿シニア(東京)に迫る【ネクスト球児~中学野球チーム訪問~】
第9回 ドラフト指名が10人!2017年U-18ワールドカップで優勝したアメリカ代表の現在地【世界の高校野球】
第820回 動画で振り返るミレニアム世代のトップランナー!根尾昂(大阪桐蔭)が見せた圧倒的身体能力とひりつくような熱気【大会展望・総括コラム】
第835回 非日常だった甲子園での日々 高校3年間はかけがえのない思い出 MIZUNO 斎藤真一部長 (大阪・春日丘出身)VOL.3 【2018年インタビュー】
第825回 これも必要な過程!平安のスター候補生・奥村真大(龍谷大平安)が味わった苦い経験 【2018年インタビュー】
札幌大谷vs龍谷大平安【2018年 第49回明治神宮野球大会】
第821回 選抜連覇のPL学園を奇襲で破る!激戦の末甲子園へ MIZUNO 斎藤真一部長 (大阪・春日丘出身)VOL.2 【2018年インタビュー】
横浜隼人vs日体大荏原vs加藤学園【2018年 練習試合(交流試合)・秋】
明石商vs龍谷大平安【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
龍谷大平安vs履正社【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
明石商vs智辯和歌山【2018年秋の大会 平成30年度秋季近畿地区高等学校野球大会】
小野 泰己(折尾愛真) 【選手名鑑】
明石商 【高校別データ】
大阪桐蔭 【高校別データ】
沖学園 【高校別データ】
折尾愛真 【高校別データ】
小倉 【高校別データ】
仙台育英 【高校別データ】
中央学院 【高校別データ】
奈良大附 【高校別データ】
西日本短大附 【高校別データ】
白山 【高校別データ】
三池工 【高校別データ】
横浜商 【高校別データ】
横浜清陵 【高校別データ】
横浜 【高校別データ】
横浜商大高 【高校別データ】
横浜一商 【高校別データ】
龍谷大平安 【高校別データ】

コメントを投稿する

次の記事:
秋季四国大会初ベスト4・県立富岡西(徳島)練習に潜入 躍進の裏にある「選手主導」のノーサイン野球!
最新ニューストップに戻る サイトトップに戻る