県岐阜商・井上 ※写真は秋季県大会・岐阜第一戦

トーナメント表
岐阜大会の勝ち上がり

大会の詳細・応援メッセージ
第104回 全国高等学校野球選手権 岐阜大会

選手名鑑情報はこちら
選手名鑑一覧ページ

日程・結果一覧
岐阜TOPページ
第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧

気になる学校への応援メッセージはこちら
学校検索ページ

 2022年第104回全国高校野球選手権岐阜大会は28日、決勝が行われ、県立岐阜商が延長11回サヨナラアーチの7対6で帝京可児を破り、2年連続30度目の甲子園出場を決めた。

 帝京可児は1対2で迎えた8回、代打・松尾 優吾外野手(3年)の左前適時打で同点とすると、美野田 琉輝遊撃手(2年)のスクイズで勝ち越し。その後、1死満塁から鈴木 孝介投手(3年)が走者一掃の右越え3点適時三塁打を放って、6対2と突き放した。

 しかし、県立岐阜商はその裏、反撃に転じる。4番・伊藤 颯希外野手(3年)、5番・河合 福治内野手(3年)、6番・三塚 武造内野手(2年)の3連続適時打など、先頭打者から炎の5連打で一気に4得点を挙げて同点として延長戦に持ち込んだ。

 そして延長11回裏、先頭打者の村瀬 海斗捕手(3年)が右翼芝生席へのサヨナラアーチを放って劇的な優勝。ナインが歓喜に沸いた。

■7月28日の試合

第104回 全国高等学校野球選手権 岐阜大会

第104回 全国高等学校野球選手権 岐阜大会
決勝 県立岐阜商    7  -  6    帝京可児 長良川球場 応援メッセージ