トーナメント表
南北海道大会の勝ち上がり

大会の詳細・応援メッセージ
第104回 全国高等学校野球選手権 南北海道大会
南北海道大会 函館支部予選
南北海道大会 室蘭支部予選
南北海道大会 小樽支部予選
南北海道大会 札幌支部予選

選手名鑑情報はこちら
選手名鑑一覧ページ

日程・結果一覧
北海道TOPページ
第104回大会 全国47都道府県地方大会の日程一覧

気になる学校への応援メッセージはこちら
学校検索ページ

 7月20日の第104回全国高等学校野球選手権南北海道大会は、準々決勝3試合が行われた。

 第1試合は知内札幌日大の一戦。試合は両チームの投手・守備陣が踏ん張り0対0のまま試合は進む。試合が動いたのは7回、先攻の札幌日大が4番前川周也のソロで待望の先制点を獲得。しかしその裏、知内のエース坂本 拓己が逆転の2ランを放ち試合をひっくり返す。その坂本が札幌日大の反撃を封じ、9回1失点の熱投。坂本の二刀流の活躍で2対1の接戦を知内が制した。

 札幌大谷北海の試合は、札幌大谷が初回に連続タイムリーで2点を奪うと、そこからコンスタントに得点を重ね、7回には一挙10得点のビッグイニングで試合を決める。北海の打線を継投で無得点に封じ、19対0、7回コールドで札幌大谷が勝利した。

 苫小牧中央北照の試合は、初回に苫小牧中央の4番上野愛翔のタイムリーなどで先制すると、終盤にも小刻みに得点を重ね6得点を奪う。北照は3番西浦真平に2本の本塁打が飛び出すなど、自慢の打線が反撃に出る。しかし、これを苫小牧中央のエース斉藤 優汰が10安打を打たれながらも4得点に抑える粘投で凌ぎ、逃げ切りに成功。6対4の接戦を、苫小牧中央が制した。

 南北海道大会は20日で準々決勝が終了し4強が出揃った。準決勝は25日、東海大札幌知内札幌大谷苫小牧中央のカードが予定されている。決勝はその翌日の26日に開催予定だ。

■7月20日の試合

第104回 全国高等学校野球選手権 南北海道大会

第104回 全国高等学校野球選手権 南北海道大会
準々決勝 知内    2  -  1    札幌日大 札幌円山球場 応援メッセージ
札幌大谷 19  -  0    北海 札幌円山球場 応援メッセージ
苫小牧中央    6  -  4    北照 札幌円山球場 応援メッセージ

■7月25日の試合

第104回 全国高等学校野球選手権 南北海道大会

第104回 全国高等学校野球選手権 南北海道大会
準決勝 知内    2  -  1    東海大札幌 札幌円山球場 応援メッセージ
札幌大谷 10  -  2    苫小牧中央 札幌円山球場 応援メッセージ