高校時代の岩重章仁

 中国地区の強豪社会人・シティライトが勇退選手を発表。その中に、岩重 章仁外野手(延岡学園出身)の名前があった。

 岩重は、延岡学園時代、1年春の九州大会で2打席連続弾を放って、衝撃デビュー。当時はスーパー1年生スラッガーとして注目された。

 その後は苦しんだものの、3年になって復活。13年夏の甲子園では準優勝を経験。4番ライトとして活躍した。大会後に、高校日本代表に選出され、森 友哉捕手(大阪桐蔭-西武)ら豪華な選手とともに世界大会でプレーした。

 卒業後はシティライトへ。JABA地方大会、日本選手権など数多くの公式戦を経験した。